北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

学部実施イベント

トップ 入試ガイド 学部実施イベント

平成29年度進学相談会実施イベント

  • オープンレクチャー
  • オープンラボラトリー

最先端の科学を講義・実験
開催時間:13:30〜14:30
 

  • 2018年3月18日(日)

物理学科 「相対論的」電磁気学―序論

「相対論的」電磁気学−序論


高校物理の教科書には「磁場中を動く荷電粒子にはその速さに比例する力が働く」と書かれています。粒子と同じ速度で動いている人からは止まって見える粒子にも力は働くのでしょうか?この相対論的現象を解説します。

化学科 循環する化学反応

循環する化学反応


私たちの周辺では常に化学反応が起きています。これらの変化は時に微視的に、時に巨視的に私たちの前に現れます。今回、溶液の色が連続的に変化する興味深い現象を体験し、化学反応を見ていきましょう。

生物科学科 がんは遺伝子の病気

がんは遺伝子の病気


がんは遺伝子が変化してがん細胞が生ずることによる遺伝子の病気です。講義では、どのようにがん細胞が作られるのか、また、生体がどのようにこれを防いでいるのかを、最新の治療法を交えて解説します。

体験型実験
※2017年8月27日(日)は、10:40〜〔午前〕と13:40〜〔午後〕同内容で2回開催

  • 8月5日(土)・8月6日(日)
  • 8月27日(日)

開催時間:13:40〜14:40

物理学科 生物物理学の最前線 −高性能質量分析計で生命や病気の謎を解く−

生物物理学の最前線


私達の体の中では数万種類のタンパク質があたかも機械の部品のように働いています。これらのタンパク質を正確に分析できる最新の質量分析計の原理から疾患研究への応用例について、簡単な実験も交えて解説します。


化学科 香る分子の合成

香る分子の合成


‘香り’には原因となる化学物質が存在します。例えば、カルボン酸(お酢など)とアルコールとの反応により生じるエステルは様々な果実の香りがします。実際に化学反応により合成し、香りについて学んでみましょう。

生物科学科 光る細胞

光る細胞


細胞の中の微細構造に関わる分子を、蛍光でラベルして観察します。ホタルの発光に関わる酵素を使って、細胞内の反応を試験管内で観察します。このように生体内のタンパク質や酵素の働きを視覚的に学びます。



物理学科 光の物理学

光の物理学


光通信などIT技術の発展で、私たちの周囲でも光を使った装置が増えています。物理では、光は研究対象であると同時に高精度な計測の手段としても重要です。光の性質とその応用について簡単な実験を交え解説します。

化学科 金属錯体の合成と結晶化−−何色の結晶が得られるかな?−−

金属錯体の合成と結晶化−−何色の結晶が得られるかな?−−


一般的には身の回りの物質は、固体、液体、気体の三態で存在します。分子が周期的に配列している固体を結晶といいます。今回は、金属錯体を合成して、きれいな結晶の成長過程を観察しましょう。

生物科学科 生命情報物質であるDNAを使って実験しよう

生命情報物質であるDNAを使って実験しよう


デオキシリボ核酸(DNA)は、生命において、遺伝情報の継承と発現を担う情報物質で、発生・繁殖・進化などのほとんどすべての生命現象に関わります。模擬実験では、DNAを制限酵素というタンパク質で切断し、泳動後、観察します。

会場  相模原キャンパス  理学部S号館
対象 主に高校生(小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください)
参加費 無料
定員 各回30名
参加申し込み 当日先着順
お問合せ 〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
北里大学理学部入試係
TEL:042-778-9172 FAX:042-778-9953