PANDA測定@関西電力大飯発電所

PANDA検出器による原子炉ニュートリノ測定@大飯発電所(福井県)
11月末〜12月末の約1カ月間、関西電力大飯発電所(福井県おおい町)において、PANDAによる原子炉ニュートリノ測定を行いました。 取得されたデータは現在解析中で、結果は3月の日本物理学会で報告する予定です。 今回の測定は、測定器の性能評価を目的としています。次回の測定では、原子炉の稼働/停止の測定により、反電子ニュートリノを有意に観測することを目指します。