北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

免疫学講座のリンパ球の細胞接着制御機構に関する論文がScience Signaling誌に掲載されました。

トップ 学部案内 生物科学科 新着情報免疫学講座のリンパ球の細胞接着制御機構に関する論文がScience Signaling誌に掲載されました。

免疫学講座の片桐 晃子 教授と錦見 昭彦 准教授らは、免疫細胞の1つであるリンパ球が細胞内の小胞輸送を制御する分子Rab13によって、接着や移動を制御する機構を明らかにしました。この成果は、リンパ球の細胞接着を制御するメカニズムを分子レベルで詳細に解明したものであり、免疫難病の発症機構の解明、あるいは、免疫反応を促進したり、過剰な免疫反応を抑制したりする治療法の開発につながると考えられます。本論文は、Science Signaling誌に掲載されるとともに、掲載号の表紙イメージに採用されました。

関連リンク