北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

分子生物学講座メンバーが共著の異質四倍体ガエルのゲノム進化の研究論文が、10月20日号のNature (538, 336-343, 2016)に掲載され、さらに、その表紙を飾りました。

トップ 学部案内 生物科学科 新着情報分子生物学講座メンバーが共著の異質四倍体ガエルのゲノム進化の研究論文が、10月20日号のNature (538, 336-343, 2016)に掲載され、さらに、その表紙を飾りました。

日米の国際共同チームが、アフリカツメガエルのゲノム解析を行い、約1800万年前、異種のカエルが交配後、四倍体化したことなど、ゲノム・染色体進化、種分化に重要知見を提供した。
分子生物学講座の伊藤道彦准教授はこの研究で性染色体の構造を明らかにした。

関連リンク