北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

幹細胞学講座と国立成育医療研究センター研究所・再生医療センターとの共同研究が、Scientific Reports 誌に掲載されました。

トップ 学部案内 生物科学科 新着情報幹細胞学講座と国立成育医療研究センター研究所・再生医療センターとの共同研究が、Scientific Reports 誌に掲載されました。

幹細胞学講座と国立成育医療研究センター研究所(再生医療センター:梅澤明弘センター長)の共同研究です。
国立成育医療研究センター研究所で、外研生として卒業研究を行った学生さんの論文です。
細胞周期を進行させる遺伝子とテロメアーゼ遺伝子を用いて、胆道閉鎖症の患者さんの肝細胞を不死化させました。
この細胞株(HepaMN細胞)は、薬品の毒性試験などに用いられることが期待されます。


関連リンク