北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

分子機能化学講座、修士課程2年の佐藤賢太君、長谷川真士講師、真崎康博教授の論文がChem. Eur. J. に掲載され、Hot PaperとCover Pictureに選出されました。

トップ 学部案内 化学科 新着情報分子機能化学講座、修士課程2年の佐藤賢太君、長谷川真士講師、真崎康博教授の論文がChem. Eur. J. に掲載され、Hot PaperとCover Pictureに選出されました。

分子機能化学講座、佐藤賢太(修士2年)、長谷川真士講師の研究に関する研究が欧州化学誌Chemistry A European Journal (Chem. Eur. J.)に掲載され、Hot Paperとその概要を示した図が表紙(Front Cover)に採用されました。
  本研究は、ベンゼンが繋がった発光性のオリゴフェニレンに「ひねり」を加えることで、キラリティーを発現させました。これにより、強く発光しつつ、効率的な円偏光発光を示す色素を生み出すことに成功しました。
  本成果は内視鏡手術などで使用される三次元ディスプレイの発光光源として期待される円偏光発光ダイオード(CP-OLED)の創発に大きく貢献します。

本研究は文部科学省科研費 (JP18K05092)によって実施されました。

論文タイトル: Circularly Polarized Luminescence of A Stereogenic Curved Paraphenylene Anchoring A Chiral Binaphthyl in Solution and Solid State
DOI: 10.1002/chem.202004283


クリックすると大きな画像が表示されます。