北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

理学研究科 専攻

トップ 学部案内 大学院理学研究科 専攻

大学院新着情報


本大学院は分子科学専攻と生物科学専攻の2専攻から構成されています。

  • 分子科学専攻
  • 生物科学専攻

分子および分子集合体の合成・反応・構造・機能に関する教育研究を行い、これを通じて生命を担う物質の特性を解明していきます。


フォトニクス

  1. 光の干渉を用いた人体の3D観測
  2. 光機能材料の研究
  3. 光エネルギー移動と遅延蛍光

量子物理学

  1. 素粒子・宇宙物理学の実験的研究
  2. 粒子測定技術の開発および医療物理学への応用
  3. 可積分系・非可換ゲージ場の理論の研究
  4. 超弦理論を用いた時空構造の研究

〔連携大学院〕宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙科学研究所

  1. 宇宙物理学の実験的・観測的研究

X線結晶学

  1. X線・中性子回折法による水和物結晶中の水の揺らぎと構造転移の解析
  2. 蛋白質結晶の結晶成長の解析
  3. 理論計算による蛋白質分子の動的構造と機能の解析

分子構造学

  1. 分子クラスターを用いた分子間相互作用や微視的溶媒和過程の研究
  2. 生体関連常磁性金属錯体の電荷移動状態の分光学的研究
  3. 新規界面活性剤の合成と溶液物性及び生体膜への応用
  4. ペプチド化合物の合成と結晶物性

反応機構学

  1. 光化学(光と物質の接点):レーザーを用いた反応中間体の検出から特定の化学物質に対する光センサーまで

分子機能化学

  1. 新しいπ共役系分子の合成と機能開拓
  2. 新しい機能性色素の開発
  3. 共役系分子を用いた超分子構造の設計と機能性ナノ構造体の開発

〔連携大学院〕公益財団法人 相模中央化学研究所

  1. 新しい有機電子材料の合成と物性評価

分子構築学

  1. カルボン酸架橋多核金属錯体の構造機能相関
  2. 有機金属ポルフィリン化合物の精密合成と機能制御
  3. 新規な有機典型元素化合物の合成と構造、反応性



遺伝子の働きやタンパク質の機能に関する教育研究を行い、これを通じて生物の高次機能を解明していきます。


生物物理学

  1. 分子動力学シミュレーションの方法論とウイルス粒子への応用
  2. 疾患プロテオーム解析法の開発と応用
  3. 疾患関連ペプチドの探索と構造機能解析

細胞機能制御学

  1. 動物細胞の接着、移動の分子メカニズムの研究
  2. アクチン系細胞骨格の制御機構の研究
  3. 低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達の研究

幹細胞学

  1. 多能性や全能性の幹細胞システムの成立と誘導機構
  2. 生殖系列の発生とリプログラミング
  3. 組織幹細胞システムの成立機構

遺伝子機能発現学

  1. 冬眠哺乳動物シマリスの冬眠の発現機構の解析
  2. 脊椎動物の性決定・性分化機構の研究
  3. 動物細胞の増殖・分化・アポトーシスにおけるシグナル伝達機構の解析

〔連携大学院〕国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所

  1. 細胞のがん化における遺伝子機能の破綻に関する分子生物学的解析

免疫学

  1. 免疫動態を制御する分子機構の研究
  2. 自己免疫疾患の発症機構と治療法の研究
  3. 免疫シナプス形成のメカニズムの研究


 のページ は各研究室ホームページ(別ウィンドウ)でご案内しています。