北里大学理学部

Right menu

北里大学理学部

第66回日本電気泳動学会総会において、理学部物理学科生物物理学講座の久保田哲平君が、優秀ポスター賞を受賞しました。

トップ 学部案内 物理学科 新着情報第66回日本電気泳動学会総会において、理学部物理学科生物物理学講座の久保田哲平君が、優秀ポスター賞を受賞しました。

平成27年9月4日〜5日に、東京都大田区の東京工科大学で開催された、第66回日本電気泳動学会総会で、生物物理学講座大学院2年生の久保田哲平(くぼたてっぺい)君が優秀ポスター賞を受賞しました。発表演題は「P-3 N,N’-メチレンビスアクリルアミドの濃度勾配ゲルによる高分子量蛋白質解析」で、電気泳動法を改良して、従来は不可能であったニワトリ心筋ミオシン重鎖のアイソフォームを分離したことが高く評価されたと思われます。この賞は一般演題の演者として優れたポスター発表を行った若手研究者(38歳以下)に対して授与されるもので、発表・討論終了後、日本電気泳動学会評議員の投票によって選出され、会場に受賞者名が掲示されます。38歳以下の若手研究者のなかには、全国の大学や研究機関で活躍する教員や研究者、ポストドクや大学院生が多数参加する中、北里大学理学部の大学院生として存在感を示すことができたことは、大変意義深いことだと思います。久保田君は総会の閉会式で行われた授賞式において、総会長の志村清仁・福島県立医科大学教授より、賞状と副賞(5000円分のクオカード)を賜りました。詳細については、以下のホームページをご覧ください。