北里大学理学部 物理学科

Right menu

北里大学理学部

物理学科 実習内容紹介

トップ 学部案内 物理学科物理学科 実習内容紹介

北里大学物理学科公式facebook

物理学科新着情報

実習科目 概要
物理学実験 I
(物理学科1年生)
  1. コンピュータ活用のための基本的スキルを修得する
  2. 1人1セットの工具を持ち、半田付け、テスターの使い方など、電気回路の基礎を実習を通して習得する
    デジタル回路(カウンター回路や演算回路)をブレッドボード上に組み立て、その動作原理を理解する

  3. 少人数グループに分かれ、基礎的物理現象の観察と解析、トピックスについての文献調査を行ない、その結果についてまとめ、発表を行う
    これらの実習により、疑問点の明確化とその解決のための方策、発表スキル、レポートのまとめ方などを身につける
物理学実験 II
(物理学科2年生)
  1. エレクトロニクス−電磁波の発生と観察−
    電波(電磁波)を発生させ、受信器を作製して受信することにより電磁気学とエレクトロニクス技術の出発点に接する

  2. 電子スペクトルと振動スペクトル
    水素の発光スペクトルの解析
    水および二酸化炭素の振動回転スペクトルの測定を行い、原子・分子分光の基礎を習得する

  3. 液晶セルの電場光学応答
    液晶セルに電圧を印加し、光学的な変化を測定・解析する
    身近な存在となった液晶の基本的性質を理解する

  4. 光の特性と吸収スペクトル
    分光光度計を組み立てて、色素溶液の吸収スペクトルを測定
    分光光度計の基本構成、原理を理解するとともに、モル吸光係数、ランバート・ベールの法則などを学ぶ

  5. 高温超伝導と金属の電気伝導
    電気抵抗の温度依存性の測定、マイスナー効果
    物質の電気伝導度の振舞いの違いを理解する

コンピュータ機器制御
(物理学科2年生)
  1. マイクロコンピュータで自走するライントレースマウスを作製する
    動作原理を理解する
  2. 新しいマイクロコンピュータにプログラムを書き込み、内蔵されていたマイクロコンピュータを置き代えて様々な動きをするマウスを作製する
    ハードウエアとコンピュータの関係を理解し制御するための力を養う

生物物理実験・化学物理実験
(物理学科3年生)
  1. 磁気共鳴実験(NMRとESR)
    病院にあるMRI の原理である磁気共鳴現象を理解する
    磁気共鳴法によって物質の原子・分子の構造を知ることが出来る原理を理解する

  2. X線の回折
    タンパク質の結晶を作成し、そのX線回折強度の測定、解析を行う
    X線回折実験によって物質の原子・分子の構造を知ることが出来る原理を理解する
  3. 波長可変色素レーザーの組み立てとその特性
    色素レーザーを実際に組み立てる
    レーザーの原理やレーザー光の特性について理解を深める

  4. フラッシュホトリシス
    光反応の素過程を直接観測することができる閃光法(フラッシュホトリシス)について学び、高速で起こる過渡現象について理解を深める
    生体関連分子の光反応を閃光法を用いて観測し、中間体の生成、減衰過程の解析を行う

基礎物理学実験
(化学科1年生、生物科学科1年生)
  1. 電気回路の基礎
    電気回路を組み立てて電量、電圧、抵抗の測定を行う
    電気回路の基礎を学ぶ
  2. 比熱容量の測定
    電流による発熱でお湯を沸かして、電気エネルギーの熱エネルギーへの変換を測定
    電気エネルギーと熱エネルギーの関係、比熱容量について理解する
  3. 電子の比電荷
    真空中で荷電粒子の軌道が磁場によって曲げられることを観測
    電荷と磁場の関係について理解し、電子の比電荷を求める
  4. 光の回折と分散
    レーザーを使って光の回折・分散の実験を行う
    光の性質、光が波の性質を持つことを学ぶ
  5. デジタルオシロスコープ
    電圧の時間変化を可視化するオシロスコープを使って蛍光灯の光強度の時間変化を観察
    オシロスコープの使い方を習得するとともに周波数の概念を理解する

 のページ は別ウィンドウで表示されます。