大学院

研究を継続し、より深い専門知識の修得を目指すために。


各学科の課程を修了した後に、より深い専門知識の修得と研究の継続を求めて大学院へ進学する学生が増えています。本学部の十和田キャンパスには大学院獣医学系研究科が設置されており、先端分野の研究テーマに取り組んでいます。本研究科は、先端の設備機器が導入され、最新の研究課題を追求するにふさわしい環境が整っています。大学院を修了した学生は、世界的な視野を持った専門研究者・技術者として活躍しており、多くの分野で高い評価を受けています。
修士課程
博士課程
修業年限4年:定員3名

獣医学科

動物の正常な姿と病態を、個体レベルから細胞レベル、さらには分子レベルにまで総合的に教育研究することを目的に、基礎獣医学、病態・予防獣医学、臨床獣医学の各専門分野が密接に連携しています。
人材育成目的
未知の領域へ挑戦する精神を備え、高度な技術を駆使し国際的に通用する独創的な研究者などの人材育成を目的としています。そのための教育研究上の目的は、1公衆衛生(人獣共通感染症対策、安心安全な食の提供)、2高度獣医療(動物の福祉向上、技術のヒトへの応用)、3基礎獣医学(生命現象の解明)、4ヒトと動物が共存できる環境の構築としています。
獣医学専攻博士課程 1 年
箱崎 純
さん

宮城県宮城第一高等学校出身

研究はこつこつ手を動かして積み上げることの繰り返し。 卒論研究をさらに深めて社会に還元したいと思っています。

獣医寄生虫学研究室で、マラリアを媒介するハマダラ蚊の研究をしています。大学3年次に受けた獣医寄生虫病学の授業が楽しくて、寄生虫にはまりました。けして成績のよい方ではありませんでしたが、興味が持てると、勉強も楽しく、結果としてよい成績がとれていたのがきっかけで、大学4年次から獣医寄生虫学研究室に所属しています。実家が動物病院で、当初は「日本一の動物病院を創りたい」と言っていましたし、当研究室から臨床医になる人も少なくありません。しかし、卒論の研究を進めるうちに、これで終わりたくないという思いが膨らみ、大学院進学を決めました。

研究テーマは指示されるのではなく、学生が考えるという研究室です。研究してみたいテーマは何で、それはなぜか、どのような計画で行うのかを提示し、遂行してみて、結果から考察、失敗しても、成功しても、その理由を筋道たてて考えることは、どの分野で働くにも役に立つことだという考え方です。大学時代にも学会での研究発表を数回経験するなど、さまざまな機会もいただきました。重篤な伝染病を媒介する蚊は世界で最も多くの人間を死に至らしめる動物だと言われています。ハマダラ蚊の発生をコントロールする方法を研究し、社会に還元したいと思っています。

修士課程
修業年限2年:定員5名
博士課程
修業年限3年:定員3名

動物資源科学科

新しい産業の創出や情報化、科学技術の進展などに対応し、遺伝子工学を組み合わせた独創的なカリキュラムで、実践的な教育研究を行っています。
人材育成目的
動物に関連する教育研究領域の多様化や高度化を鑑み、目前にある問題を解決するだけでなく、自ら問題を提起する力を備えた柔軟な高度専門職業人の養成を目的とします。そのための教育研究上の目的は、1動物能力の積極的な活用、2動物福祉への格段の配慮、3人と動物の関係や周辺環境の向上、4動物性食品の安全性確保や機能性向上といった課題、5農学分野と医学分野の積極的連携などの実践としています。
動物資源科学専攻修士課程 1 年
相磯 真歩
さん

日本女子大学附属高等学校出身

機能性食品への興味からバイオサイエンスの道へ。 疑問を自身の手で解明する楽しさを感じています。

動物好きだったことから北里大学へ進学しました。実習はいずれも興味深く、疑問に感じたことを段階を踏んで知る面白さに気づくきっかけになったように思います。さまざまな授業の中で特に興味を持つようになったのが微生物の働きでした。そこで、4年次は腸内細菌などの研究をしている細胞分子機能学研究室に所属し、先輩の研究を引き継いで、菌の培養方法などを一つひとつ身に付けていきました。将来は、腸内細菌の働きを解明することで、より効果的な機能性食品を開発する仕事に就きたいと考えています。例えば、乳糖不耐性の人がおいしく飲める牛乳を作り出すといった仕事です。4年で就職という選択肢もありましたが、即戦力となる研究者になりたいと大学院への進学を決めました。

今は、乳酸菌やビフィズス菌の腸内定着機構の研究をテーマにしています。研究は期待していた結果が得られないことも多く、その原因が菌にあるのか、自身の手技に問題があるのか、検証すべきことがいくつもあって大変ですが、やりがいを感じています。十和田キャンパスでは、実験を行いパソコンに向き合っている時間ばかりでなく、森やビオトープで気分転換する時間もあり、勉強に集中できる環境であることも気に入っています。

修士課程
修業年限2年:定員5名
博士課程

生物環境科学科

21世紀の環境・食糧問題の克服に貢献するために、専門領域での研究を深めることを目的とし、幅広い思考力や判断力、創造性を養えるようなカリキュラムとなっています。
人材育成目的
高度な知識と問題解決能力、ならびに豊かな人間性を備え、生態系の環境の保全と修復に関する提言や技術提供ができる人材の育成を目標としています。そのための教育研究上の目的は、1自然環境と動植物の生息環境の実態把握、2循環型社会の形成のための社会基盤の整備と保全・修復、3動植物を含めた生態系保全、4環境のモニタリングなど、生態系との調和や環境創造に関する知識と技術を習得することとしています。
生物環境科学専攻修士課程 2 年
染谷 聖
さん

埼玉県立新座総合技術高等学校出身

淡水に生息する二枚貝の稚貝のエサを研究中。 生態を解明しているという手応えがあります。

4年次の卒業論文研究で研究の面白さを知り、大学院への進学を選択しました。淡水に生息するイシガイ科二枚貝の稚貝の餌資源を調べています。4年次には、この二枚貝が多数生息している姉沼に、バイオフィルム(細菌と細菌が生成する細胞外多糖などの総称)が豊富なことを突き止め、餌資源はバイオフィルムなのではないかというところまで研究を進めることができました。大学院では、稚貝にバイオフィルムを給餌して飼育実験を行っています。当初は姉沼のバイオフィルムを試行錯誤して給餌していましたが、1か月以上成育しないという壁にぶつかってしまいました。

要因として考えられたのは、栄養素の不足です。そこで、現在、バイオフィルムの状態、バイオフィルム以外の餌資源の利用を再検討しながら、研究を遂行しているところです。一方で、稚貝から成長した幼貝が生息している水域で、稚貝が成長するために必要な条件を把握するためのフィールドワークも行っています。幼貝が生息することができる条件が把握できれば、飼育実験にも活かせるかもしれません。十和田キャンパスは、近傍に豊かな自然環境が多いことから、野生生物を対象とした研究を行うには恵まれた環境です。

外国人募集要項(2022年度)

A Guide to Foreign Postgraduate Student Applications for Admission to the Master's and Doctoral Programs

Kitasato University provides 7 postgraduate schools. The postgraduate school for Veterinary Sciences is one of them, and located in Towada City, Aomori Prefecture, which is the northernmost prefecture on mainland Japan. The postgraduate school started in 1970 as Master's program in Veterinary Science, and in Animal Sciences. In 1972, the university established a doctoral program. Postgraduate study in Bio-production and Environmental Sciences was established in 1987.

At present, the postgraduate school is composed of a master's program and a doctoral program. The master's program provides postgraduate study in Animal Science and Environmental Bioscience, while the doctoral program provides postgraduate study in Animal Science and Veterinary Medicine.

The school term for the master's program is 2 years, while that for the doctoral program is 3 years for Animal Science and 4 years for Veterinary Medicine. In Japan, the number of foreign postgraduate students has been increasing rapidly. The objective of these programs is to contribute through our postgraduate course to the whole world while positively inviting foreign students.

Download the Admissions Guide (PDF)