北里大学 獣医学部 キャンパスライフ

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

国際交流

トップ キャンパスライフ 国際交流

獣医学科における海外研修制度

獣医学科では、米国(三大学)、中国(吉林大学)およびタイ王国(マハナコン工科大学)の獣医科大学と国際交流協定を締結し、大学間での交流を盛んに行っています。

米国3大学(パーデュー大学、テネシー大学、ジョージア大学)との国際交流


わが国における伴侶動物、特に犬と猫の飼育頭数は2000万頭となり、室内飼育犬も6割を越えています。そして、犬、猫の高齢化に伴う様々な疾病に対して、人と同じような高度医療が求められるようになりました。また、最近の鳥インフルエンザや新興感染症の発生から、食の安全性に関し、獣医学の果たす役割が益々重要になってきました。このような獣医学を取り巻く著しい環境の変化に対応して、獣医臨床分野における教育体制の充実や国際的なネットワークの構築が強く求められるようになりました。

獣医学科では獣医学教育システムおよび環境の改善を図ることを目的として、特に動物医療の診療体制の細分化と専門化の進んでいる米国獣医大学との国際交流を模索し、1995年インディアナ州立パーデュー大学、テネシー州立テネシー大学、ジョージア州立ジョージア大学の3校と学術交流協定を締結するに至りました。

以来、毎年夏休みに各大学獣医学部に8名程度の5年生の学生を獣医学研修に派遣しています。各大学には1名ずつの教員が同行し、学生をナビゲートするとともに、相手校の教員との交流を深めています。研修期間は2週間で、学生は1人または2人で、皮膚科、眼科、循環器科、腫瘍科などの診療科において、それぞれの専門医の先生の指導の下に研修を行います。また、それぞれの大学から毎年1名の教員を招聘し、講義・講演・セミナー等を行ってもらっています。さらに、相手校からも本学部での獣医学研修を希望する学生が十和田キャンパスを訪問しています。今までに500人以上の学生が参加し、国際的な視野をもって社会的な活躍を目指して巣立っていきました。

このように、獣医学科では学生と教員がともに米国獣医大学との活発な国際交流活動を展開しています。

詳細はこちら  をご覧下さい。

中国吉林大学との国際交流

北里大学獣医学部は1989年中国長春農牧大学(現在吉林大学動物医学学院)との間で学術交流協定を締結し、相互に教員・研究者を招聘・派遣して国際交流を開始しました。10年後の1999年協定を更新した際に学生の相互派遣の道が新たに開かれ、2002年から毎年夏休みに約10日間、獣医学科5年生の学生15〜20名を中獣医学研修のために派遣しています。研修内容は針麻酔や漢方などの中獣医学が中心で、将来これを取り入れた獣医療を行いたいと思っている学生が参加しています。また、長春農牧大学からも2003年8月に5名の学生と1名の同行教員が本学部を訪問し、獣医学や動物資源科学に関する研修を行いました。2016年から毎年、吉林大学動物医学学院の学生7〜11名と同行教員1名が一週間で本学部を訪問しており、主として動物病院での臨床研修を行っています。

2004年吉林大学と長春農牧大学は併合され、中国でも有数の大きな総合大学となりました。本学と吉林大学との交流は、今年で30年になります。この間に約100名の教職員、151名の学生の皆様の交流がありました。今後、両校間で学生と教員の国際交流が益々盛んになることが期待されます。

タイ・マハナコン工科大学との国際交流


マハナコン工科大獣医学部は、タイの首都バンコクにありますが、中心部からは離れた郊外のノンチョーク地区にあり、周囲は十和田キャンパスと同様に自然豊かな環境にあります。マハナコン工科大獣医学部との学術交流協定は2012年11月に締結され、2017年10月に更新されています。2015年からは、両校の学生交換プログラムが本格的になり、マハナコン工科大獣医学部の学生は十和田キャンパスで1カ月間、北里大学の学生は夏期休暇中にタイで2週間の研修を実施しています。コンパニオンアニマルや産業動物のみならず、日本では経験することのできない象をはじめとした野生動物やエキゾチックアニマルにもふれる機会があり、その他、こちらの希望に添ったプログラムで研修が行われています。また、学生の研修には互いに1名の教員が同行し、教員間の交流も深めています。
日本では経験することができない疾患の体験など獣医学的な研修はもちろんのこと、文化や食べ物の違いなど、広い視野で様々なことを体験し、自らの将来に役立てることを希望すると同時に、今後、学生間の交流だけでなく、教員同士の教育・研究での交流が盛んになり、互いの発展に結びつくことが期待されます。


その他、学外機関による海外農業研修制度

受け入れ機関と研修国

・IFAA (International Farmers Aid Association)
  研修国/アメリカ
・国際農業者交流協会 (JAEC)
  研修国/デンマーク、ドイツ、スイス、オランダ、アメリカ

研修期間と内容

研修生は各受け入れ機関が選定する農家に配属され、現地の農業を体験します。 研修期間中には 教育プログラムなども用意されており、約1ヶ月間の語学セミナーや研修旅行などがあります。研修期間は3月下旬から約1年になります。派遣団体・コースにより異なります。詳細は確認してください。

研修先の業種

酪農、肉牛、養豚、養鶏、野菜、果樹、鉢物、切り花、緑化木、造園など。
派遣国によっては複合(耕畜連携経営)もあります。各派遣国・地域の実情を反映した業種が選べ、日本では経験出来ない経営形態も体験出来ます。

学内申し込み締め切り

国際農業者交流協会 : 6月末日
IFAA : 10月末日
※ 詳細は、国際交流委員会海外農業研修分科会(窓口:学生課)まで。