受験生
進学相談会へ

米国2大学(パーデュー大学、テネシー大学)

との国際交流

わが国における伴侶動物、特に犬と猫の飼育頭数は2000万頭となり、室内飼育犬も6割を越えています。そして、犬、猫の高齢化に伴う様々な疾病に対して、人と同じような高度医療が求められるようになりました。また、最近の鳥インフルエンザや新興感染症の発生から、食の安全性に関し、獣医学の果たす役割が益々重要になってきました。このような獣医学を取り巻く著しい環境の変化に対応して、獣医臨床分野における教育体制の充実や国際的なネットワークの構築が強く求められるようになりました。  獣医学科では獣医学教育システムおよび環境の改善を図ることを目的として、特に動物医療の診療体制の細分化と専門化の進んでいる米国獣医大学との国際交流を模索し、1995年インディアナ州立パーデュー大学、テネシー州立テネシー大学、ジョージア州立ジョージア大学の3校と学術交流協定を締結するに至りました。

以来、毎年夏休みに各大学獣医学部に8名程度の5年生の学生を獣医学研修に派遣しています。各大学には1名ずつの教員が同行し、学生をナビゲートするとともに、相手校の教員との交流を深めています。研修期間は2週間で、学生は1人または2人で、皮膚科、眼科、循環器科、腫瘍科などの診療科において、それぞれの専門医の先生の指導の下に研修を行います。また、それぞれの大学から毎年1名の教員を招聘し、講義・講演・セミナー等を行ってもらっています。さらに、相手校からも本学部での獣医学研修を希望する学生が十和田キャンパスを訪問しています。今までに500人以上の学生が参加し、国際的な視野をもって社会的な活躍を目指して巣立っていきました。  このように、獣医学科では学生と教員がともに米国獣医大学との活発な国際交流活動を展開しています。尚、ジョージア大学との交流は2020年3月に終了となり、現在は三大学から二大学に変更されました。