北里大学 獣医学部 動物資源科学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

動物資源科学科 研究室紹介

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科動物資源科学科 研究室紹介

動物資源科学科の研究室は、2系9研究室で構成されています。
学生は3年次後期からいずれかの研究室に所属し、専門的な学問の修得、研究を行います。

アニマルサイエンス系 動物生殖学研究室動物代謝機能学研究室
動物飼育管理学研究室動物行動学研究室
バイオサイエンス系 細胞工学研究室細胞分子機能学研究室
栄養生理学研究室食品機能安全学研究室
動物健康情報学研究室

動物生殖学研究室〈アニマルサイエンス系〉

佐々田 比呂志教授、桃沢 健二講師

生殖の仕組みを追及し、動物生産を向上させる!

研究テーマについて
動物生殖には、雄と雌、両方からの仕組みが必要です。この生殖の仕組みを解明し、理解することで初めて動物生産が可能となります。雄の生殖細胞である精子が雌の生殖細胞である卵子と出会うメカニズムの解明や体外で胚を生産する技術の開発などの研究をしています。

動物代謝機能学研究室〈アニマルサイエンス系〉

黒瀬 陽平教授、高橋 辰行助教

栄養素の代謝異常を防止し、動物を健康に育てるために。

研究テーマについて
各種の動物における環境・栄養成分−神経・内分泌系−栄養素代謝の相互関係を動物全体・細胞・遺伝子レベルで追及しています。また、未利用資源を利用した高機能性生産物の生産システムの開発を研究しています。

動物飼育管理学研究室〈アニマルサイエンス系〉

山ア 淳准教授、鍋西 久講師

牛や豚・羊の生産性を高める飼育管理技術の開発。

研究テーマについて
人間の生活と密接に関わる動物たちを健康に育て、交配し子どもを産ませるための技術を研究・開発しています。動物の中でも、特に高い能力が要求される家畜(乳牛・肉牛・豚・羊など)を中心に、それらの生産能力(成長する速さや飼料を消化する能力)を高めるための研究です。

動物行動学研究室〈アニマルサイエンス系〉

松浦 晶央准教授、小倉 匡俊助教

動物を活用して動物介在活動や動物介在療法へ。

研究テーマについて
一つ目として、動物の行動観察や生理指標の測定を通して動物福祉に関する研究を行っています。二つ目として、動物介在活動や動物介在療法など、動物を人の健康、福祉、あるいは教育に活用する研究をしています。ここでは、主に馬を用いて乗馬療法の効果の測定、歩行運動解析、乗用馬の調教法を確立するための行動観察などをしています。

細胞工学研究室〈バイオサイエンス系〉

久保田 浩司教授、垣内 一恵助教

幹細胞の研究は、ガンや再生医療の分野への応用も。

研究テーマについて
生殖幹細胞の発生・増殖・分化について細胞ならびに分子レベルで研究しています。特に雄の生殖幹細胞である精原幹細胞を中心とした基礎研究に取り組んでいます。精原幹細胞は、精巣で生涯精子を生み出す源となる細胞ですが、多能性幹細胞(万能幹細胞)とも性質ならびに個体発生上、類縁関係が認められます。今後、精原幹細胞の研究は生殖に関連した研究領域のみならず、幹細胞研究領域においてもますます重要性が増していくと考えられます。

細胞分子機能学研究室〈バイオサイエンス系〉

向井 孝夫教授、山本 裕司講師

微生物の機能を明らかにし、動物やヒトの健康に役立てる!

研究テーマについて
ヒトや動物消化管内における病原微生物の感染機構の解明や善玉菌として知られる乳酸菌のプロバイオティクス効果、たとえば感染症予防やアレルギー予防効果を分子レベルで研究しています。また、イヌやネコを含めた様々な動物の消化管内微生物の構成と宿主の健康との関係を調べることにもチャレンジしています。

栄養生理学研究室〈バイオサイエンス系〉

濱野 美夫教授、落合 優講師

動物から人間までの「食」にこだわる教育・研究を展開。

研究テーマについて
環境と動物に優しい畜産を通して、人間にとって真に安全で栄養価値のある動物性食品を生産・開発するために、動物から人間までの「飼料・食料」について一貫して栄養学的観点からこだわり、教育・研究を遂行します。この目的のため、エコ飼料や機能性飼料など新規の飼料の開発と動物生産、さらにそこから生まれる動物性食品の人間の健康に果たす役割を研究します。動物と人間の「食」について学べる国内唯一の研究室です。

食品機能安全学研究室〈バイオサイエンス系〉

有原 圭三教授、長竿 淳講師、小宮 佑介助教

食品のもつ可能性に着目して、特許取得や製品化も。

研究テーマについて
乳・肉・卵といった動物性食品に含まれる保健的な機能を有する成分の働きを解明しています。さらに、民間企業との共同研究により、保健的効果を有する新しい食品の開発を進めています。また、イヌやネコなどの動物の健康を考え、ストレスや生活習慣病を効果的に予防できるようなペットフードの開発を目指しています。

動物健康情報学〈バイオサイエンス系〉

高岸 聖彦講師、鈴木 喜博助教

健康に関わる情報を網羅的に取り扱う教育・研究を展開

研究テーマについて
動物や人の医療の周辺領域における人材のニーズが高まると考え、実験動物、製薬関連企業、動物検疫、臨床検査、動物飼育などの分野で活躍できる人材を養成します。このような目的のため、従来の専門分野の枠組みにとらわれず、健康に関わる情報を横断的に取扱い、動物ハンドリング技術、生体成分の採取・分析。数値の取り扱い(統計・評価)から個体の網羅的生体情報、健康評価までを包含する分野を教育・研究します。