北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

サマースクールで小学生たちが「食べられる豚の幸せ」について考えました。

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報サマースクールで小学生たちが「食べられる豚の幸せ」について考えました。

2012年8月29日

  今回は動物資源科学科 動物行動学研究室の卒業論文「体験学習を行なうことで消費者の畜産物の購入意識は変化するのか。」として開催された小学生を対象としたサマースクールについて、専攻生、通称「豚班」の皆さんに紹介してもらいました。

動物行動学研究室 4年 豚班 
河野めぐみ・藤代 文・水野あやめ

  これを読んでいる皆さんは、『アニマルウェルフェア』という言葉をご存知ですか。アニマルウェルフェアとは動物福祉とも訳され、動物に配慮した飼育管理法や飼育管理技術を取り入れる試みのことです。簡単にいえば、動物の幸せを考えることです。私たちは、幸せに飼われた動物を消費者に選んでいただきたくて、卒業研究で「体験学習を行なうことで消費者の畜産物の購入意識は変化するのか。」をテーマとして『サマースクール』を行ないました。近所の小学校の夏休みの間に総勢約50人の小学生とその保護者に参加していただきました。『放牧豚』を題材にして、動物の幸せについて考えてもらうことを目的として一日体験プログラムを開催しました。
  一日体験プログラムの内容を簡単に紹介したいと思います。まずは、豚に会う前に「『豚』とはどういう動物なのか、お肉になるまでの経緯・農家さんの苦労、『放牧豚』の特徴」を中心に『豚』について絵本風の手書きのイラストを用いてパワーポイントで楽しくお話をしました。その次に、実際に豚はどのように飼われているのかを感じてもらうために大学の豚舎の見学を行ないました。防疫体制が非常に厳しい豚舎の見学は、大人も子どももみな防護服・マスク・長靴カバーをまとい、さらに消毒を行なったうえで見学してもらいました。その後、豚舎のすぐわきにある簡易屋外飼育施設において、給餌・除糞・体重測定や日齢についてのクイズを行ないながら、日常管理を体験してもらいました。最後に、研究とは関係ありませんが、おまけで、昨年度屋外で飼育していた放牧豚肉の試食会を開きました。
  十和田では珍しい連日猛暑の中のサマースクールでしたが、参加者の皆さんには非常に楽しんでいただき、また参加したいと絶賛してもらえました。小学生には「ぶたスタンプ(こぶたが子どもたちを確認する際にドロドロの鼻を子どもたちの軍手に付けた跡)」が好評で、みんな笑顔で楽しんで豚の幸せについて考えてくれてアイデアや意見をたくさん挙げてくれました。集計したアンケートの結果にも「豚へのイメージが良くなった」が多くを占め,「放牧豚を特別な日には買いたい」という回答がたくさん得られ、私たちも非常に充実した5日間になりました。参加してくださった方々、手伝ってくれた入交先生、研究室のみんなに本当に感謝しています。ありがとうございました。
  動物行動学研究室はイヌやネコ、ウマに関する研究も行っていますが、行動学の研究対象を広げ、人と動物の関係を考えた様々な課題にも挑戦しています。たくさんの動物のことを学べて、さらに課題を進めていくうえでたくさんの方々と出会いが待っています。あなたも動物行動学研究室にきてみませんか。いつでも遊びに来てみてください。

  • 写真1:サマースクールの始まりです。ご父母を含めた参加者に内容の説明を行いました。
  • 写真2:「豚」についての学生によるミニレクチャーです。この日のために色々調べたりスライドを作ったりと、万全の準備をしました。「けっして、付け刃ではありません。」とのことでした。
  • 写真3:続いて附属農場豚舎の見学です。一般に、豚舎・鶏舎の防疫体制は厳密です。そのため本文にあるように人が外の病気を持ちこまないように防護服などで身を包み舎内を汚さないようにします。
  • 写真4:決して宇宙人の来襲ではありません。
  • 写真5:母親が出産・授乳を行う「分娩房」の様子です。母親の回りを子豚たちが元気に歩き回っています。
  • 写真6:離乳した子豚たちの育成室です。何にでも興味を持って動き回っていますね。
  • 写真7:ここからは屋外の飼育施設です。研究用に作られた物なので小規模ですが、ここ数年で「放牧豚」について様々な実験を行い、貴重な発見の舞台となってきました。
  • 写真8:日常管理として、小学生たちが除糞をしています。
  • 写真9:同じく、給餌です。
  • 写真10:「ハーイ、子豚が可愛いと思う人?」、「ハーイ、子豚が美味しそうだと思う人?」さて、どちらの質問に手を挙げているのでしょう?
  • 写真11:豚は体温調節が苦手な動物なので、暑いときは体に水や泥をこすりつけてその気化熱で体を冷やします。
  • 写真12:「その泥だらけの鼻で、“ぶたスタンプ”を軍手に押して!」
  • 写真13:「ぶー、ぶー、君も“ぶたスタンプ”、欲しい?」
  • 写真14:「おまけ」の放牧豚試食会の準備をする学生です。皆さん、「美味しかった。」と大好評でした。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。