北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

2013年度農医連携教育セミナーが開催されました。

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報2013年度農医連携教育セミナーが開催されました。

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

農医連携教育セミナー
〜農医連携教育プログラム2013年度の成果と展望〜

  2013年度農医連携教育セミナーが3月5日(水)に相模原キャンパスで開催されました。農医連携教育セミナーは今回の開催で5回目となります。
  医学部の協力の下、本学科で実施している農医連携教育プログラムは、基礎プログラムと専門プログラムから構成されていますが、農医連携教育セミナーは、専門プログラムを受講している本学科学生の発表をメインとしていますが、毎回、基調講演として外部の先生をお招きして農医連携に関係する講演をしていただいています。また、相模原キャンパスの主会場と遠隔システムを利用して十和田キャンパスとを結び、質疑応答を含めて、十和田キャンパスの教員・学生も参加しました。
  まずセミナーの最初に基調講演があり、今年度は動物介在療法を実際の患者治療に取り込んでいる北里大学メディカルセンター副院長 板東 由紀 先生に、「人も犬も元気になる!アニマルセラピー導入の試み」という演題で講演をしていただきました。講演内容は、「健康」や「治癒」の定義から始まり、「原疾患」に対する治療に「動物介在療法」を加えることの意義へと発展していきました。後半は動物介在療法の導入を試みている北里メディカルセンターでの取組の様子を紹介されました。
  講演に引き続き、学生による農医連携プログラム報告会(第一セッション)および学生による課題学習発表(第二セッション)がありました。それぞれの発表に向けて学生達は3か月以上前から準備に取り掛かり、発表内容の検討や資料の収集、発表スライドの作製、発表練習を経て本番に臨みました。発表準備期間中は定期試験や就職活動と重なり苦労もあったようですが、どの発表も立派におこなえました。会場からは、医学部の先生方から厳しい質問や意見が出され、たじたじとなる場面もありましたが、これも良い経験になったことでしょう。
  セミナーの最後に総合討論を行い、盛会のうち発表会を終えることができました。
  農医連携教育プログラムおよびセミナーの詳細は「農医連携教育プログラムホームページ」をご覧下さい。

  • 写真1:北里大学メディカルセンター副院長 板東由紀先生に「人も犬も元気になる!アニマルセラピー導入の試み」という演題で講演をしていただきました。
  • 写真2:板東 由紀先生、実際に導入されて事例を示しながら、「人も犬も元気になる!アニマルセラピー」を示していただきました。
  • 写真3:板東 由紀先生、「人以外の生物にだけできる“治療”が有ります!」
  • 写真4:学生の課題学習発表の様子です。学生自ら課題を設定し、その課題について考えて発表してもらいました。
  • 写真5:発表原稿を見なくとも、立派な発表をしています。
  • 写真6:会場からは厳しい質問や意見が出されました。これもよい勉強です。
  • 写真7:神妙に意見を伺う学生たち。ちょっと不安そうですが、これもよい勉強です。
  • 写真8:友達の発表・質疑応答に聴き入る学生たち。
  • 写真9:最後に総合討論、学科長講評がおこなわれ、盛会のうちにセミナーを終えることができました。
  • 写真10:セミナー後の教員と学生との交流会の様子です。良い発表会ができてみんな晴れ晴れとした表情をしています。
  • 写真11:発表の指導をしていただいた先生と一緒に。
  • 写真12:発表の指導をしていただいた先生と一緒に。
  • 写真13:発表の指導をしていただいた先生と一緒に。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。