北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

動物資源科学科の実習紹介−動物飼育管理学実習(1)

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報動物資源科学科の実習紹介−動物飼育管理学実習(1)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

まずは実習オリエンテーションで農場と動物たちの紹介です

2018年6月28日

  1年次、相模原キャンパスで過ごした学生は2年生になり十和田キャンパスで新学期を迎えます。
  待ちに待った十和田キャンパスでの学生生活の最初に待ち受けているのが、「動物飼育管理学実習」です。今まで実習といえば教室や実験室でおこなうことが当たり前だった学生にとって、フィールドでおこなう実習はとても新鮮なようです。

  北里大学 獣医学部 動物資源科学科の教育における特色の一つに実習科目が充実していることが挙げられます。また、東北地方に位置するキャンパスで、校内に附属農場があり、いつでも動物を用いた実習が可能であるということも大きな特色の一つです。
  ここでは数回にわたり2年次前期に開講される実習科目の「動物飼育管理学実習」を紹介していきます。

  動物飼育管理学実習は、牛・羊・豚・馬といった農用家畜を対象として、それぞれの動物の能力を最大限に発揮する飼育管理技術を考えると共に、動物にとって快適な飼育環境を提供できる技術も考える実習です。
  牛のような大型動物の扱いは初めてという学生が多いため、動物への近づき方から始まり、さわり方・扱い方へと発展し、「動物が安心できる取扱方法」を学びます。
  全ての実習項目が終わる頃には、どうしたら人間の管理下で動物が安心して過ごせるかのポイントを学生は理解します。

◎実習の第1回目はオリエンテーションですが、教室での実習内容の紹介と共に、その後、施設見学、そして実際に中・大動物を目の前にして、扱い方など、実習での注意点が説明されます。
  生きた動物を対象とする学科で勉強をしている学生にとって、動物による事故や怪我の可能性は常にありますが、どうすれば事故や怪我が防げるかを身につけるのも、本実習のねらいの一つです。

  学生たちは教室での説明の後、実習で利用する施設の見学と羊を使ったハンドリング(動物の安全な扱い)についての説明を受け、教員によるデモンストレーションを見学しました。
  農場全体を眺めながら、飼料を生産するための草地の面積や飼育施設の概要を聞いた後、動物飼育管理学実習のホームグランドとも言うべき実験実習家畜棟前の草地でデモンストレーションとなりました。
  実験実習家畜棟には羊と牛が収容され、様々な内容の実習がおこなわれます。

  今回は中型動物のハンドリングの説明のために4頭の羊に出演(?)してもらいながらの説明となりました。
  大人しそうに見える羊も、駆け出せば速いし力もあります。しかし、ポイントを押さえた保定(動かなくすること)をすると非常に大人しくなり、容易に扱えることに納得していました。

  デモンストレーションには2品種の羊を利用しましたが、はじめて羊を間近に見る学生もおり、白い顔と黒い顔でふかふかの羊毛をまとった4頭の羊の姿に魅了されていたようで、これから始まる実習への期待に胸が膨らんでいたようです。


  • 写真1:教室での説明が終わり、農場エリアへ移動し、説明開始です。
  • 写真2:初めて見る学生にとっては「広大な農場」です。夏休みには、さらに広大な附属八雲牧場での牧場実習が待っているとも知らずに.....?
  • 写真3:家畜が放牧されてさらにのどかな景色。
  • 写真4:今回は2品種4頭の羊が「出演」です。昨年生まれた羊 (約12ヵ月齢)が柵に入れられて準備されています。未だ小柄なので初心者にも扱えるサイズの「はず」です。羊は「群居性」が強く、広いところにいても必ず「ひとかたまり」になりたがります。
  • 写真5:羊を前に説明を聴く学生。ほとんど初めて羊を見る学生も多く、不思議な動物を目の当たりにしたような、何とも言えない“目つき・顔つき”をしています。この日はオリエンテーションなので、私服ですが、農場エリアに入るので足回りだけはしっかりと長靴着用です。
  • 写真6:羊の「捕獲」・「保定」を実際におこなって見せます。
  • 写真7:まず、羊に「尻餅姿勢」をとらせるために、羊を膝の上に「転がす」感じで、持ち上げ載せます。
  • 写真8:次に、お尻だけをゆっくり落として羊に「尻餅姿勢」をとらせています。人間の脚にぴったりと背中を付けられると、羊はおとなしくしている「はず」です。
  • 写真9:こちらは顔の黒いサフォーク種羊です。
  • 写真10:今日は「見るだけ」の実習内容の予定でしたが、つい自分でも試したくなります。こちらは顔の白いコリデール種羊です。
  • 写真11:女子学生も、今日は私服なのですが、あまりの「羊の魅力」に負けて汚れるのもいとわず、保定にチャレンジしたいとのことで、先輩の補助を受けながら.....。
  • 写真12:次々に挑戦者が出現です。この女子学生も上手に尻餅姿勢までできました。
  • 写真13:挑戦者シリーズ、その2。男子学生は力があるので、羊を持ち上げ、尻餅肢勢を取らせることが「比較的」簡単に出来ます。
  • 写真14:2頭並んでひなたぼっこ?
  • 写真15:2頭並んでひなたぼっこ、その2
  • 写真16:挑戦者シリーズ、その3。
  • 写真17:こちらは学生に「いじられて」疲れて横になった羊と、まったりポーズの学生です。
  • 写真18:実習が終わって羊舎に戻る羊。ご苦労さまでした。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。