北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

動物飼育管理学研究室トピックス

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報動物飼育管理学研究室トピックス

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

卒業論文発表会に向けて「発表ガイダンス」を開催しました

2019年1月17日

  動物資源科学科の一年を通して最大の行事である卒業論文発表会が今年1月28日・29日の二日にわたり開催されます。
  動物資源科学科の学生は全員、3年次の後期から1年半にわたり研究室に所属し、卒業論文作成のための実験をおこないます。
  研究室では、ほぼマン・ツー・マンの形で教員に指導を受け、それまで受けてきた「知識を教わる」形の講義や実習とは違う、「新しいことを発見する」ためにおこなってきた卒論研究の成果を「卒業論文発表会」において発表します。
  ほとんどの学生にとって、大勢の前でおこなう発表や質問に答えることは初めてですので、教員による「発表用資料の作り方」、「プレゼンテーションの作法」についての説明が昨年12月14日におこなわれました。当日、実際に使用する会場に集まった動物飼育管理学研究室の学生たちは、発表のポイントについての説明を熱心に聴き入っていました。

   私たち、動物飼育管理学研究室では、卒業論文のための実験の多くは、動物の出産や成長に合わせて春から秋にかけておこなわれるため、この時期は机やコンピューターに向かってのデータ整理・解析が中心となります。
  研究室でのデスクワークに疲れたときには、研究室の羊たちに会いに行き、癒やされることも必要になります。

   北里大学獣医学部では、「卒業論文」は必修科目であり、全員がおこないます。発表会を始めとした卒業論文作成の過程での経験は社会に出た後でも様々な場面で役に立っていると、卒業生たちはみな、口を揃えて言います。確かに、発表を終えた学生の安堵と充実感に満ちた顔は、大学生活の締めくくりにふさわしいものです。

  • 1)卒業論文発表会で使用する会場に集まった動物飼育管理学研究室の4年生たち。今日は、会場の大きさがひときわ目立ちますが、発表会当日はここに教員と下級生なども加わり、会場がほぼいっぱいになります。
  • 2)学生にとっては人前での説明や発表はほぼ初めてのことなので、発表の仕方について一から説明です。学生が研究室で過ごした1年半の集大成を発表する「大仕事」になります。
  • 3)説明を受けた後、学生は演台に移動し、マイクの状態やポインターの使い勝手を確認します。
  • 4)発表会当日は、発表する演者と演者の指示でスライドを進行させる係も必要になります。そのためスライド係は発表に関わるコンピューターの操作も理解しておく必要がありますので、それらの確認です。
  • 5)実際に演台のそばに立ち、確認する専攻生たち。演台とスクリーンは結構、角度があります。ポインターの指し方も難しい。
  • 6)順番に演台のそばに立ち、確認していきます。
  • 7)先輩の作成したスライドを使って試しに説明をしてみたり、ポインターの持ち方、画面での状態などを確認する学生さんたちです。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。