北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

農医連携特定講義において発表会が開催されました(動物資源)

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報農医連携特定講義において発表会が開催されました(動物資源)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

9月14日から10月5日にかけて、2年生を対象とした2020年度農医連携特定講義Iを行いました。
動物資源科学科では、2009年度から全国唯一の「農医連携教育プログラム」を展開しています。

本プログラムは持続可能な健康社会づくりに寄与できる人材の養成を目的とした「基礎プログラム」と動物資源科学分野と接点を持つヒトの健康にかかわる分野で活躍できる人材の養成を目指した「専門プログラム」から構成されています。本プログラムを受講した学生は開始時から300名を超えており、食品衛生監視員,動物検疫検査員,不妊治療病院における胚培養士としてまた,食品や医薬品関連企業など,様々な分野で活躍しています。

実施された農医連携特定講義1は、演習形式で行われました。
グループに分かれ、人類が直面している食や環境と健康にかかわる複雑な課題を見出し、その解決策を意見交換し、最終的に得られた結論をパワーポイントにまとめたのち、発表を行ってもらいました。今年は密にならないよう配慮しながら実施しました。

課題の立案から発表まで大変な作業だったと思いますが、課題の設定から結論を得るまで議論を深めることによって得られた力は将来必ず役立つに違いありません。みなさん、楽しく進められたでしょうか?


  • 写真1.3年生による実演
  • 写真2.グループで課題解決に向けた議論を行いました
  • 写真3.グループで課題解決に向けた議論を行いました
  • 写真4.グループで課題解決に向けた議論を行いました
  • 写真5.グループで課題解決に向けた議論を行いました
  • 写真6.発表会の様子
  • 写真7.発表会の様子
  • 写真8.発表会の様子
  • 写真9.発表会の様子

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。