北里大学 獣医学部 動物資源科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

『画像認識AIで牛の分娩兆候を検出するシステム』を開発!(動物飼育管理学研究室)(動物資源)

トップ 学科・大学院案内 動物資源科学科 新着情報『画像認識AIで牛の分娩兆候を検出するシステム』を開発!(動物飼育管理学研究室)(動物資源)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

  北里大学獣医学部 動物飼育管理学研究室(青森県十和田市)とノーリツプレシジョン株式会社(和歌山県和歌山市)が、画像認識AIで牛の分娩兆候を非接触で検出して飼養者へ通知するシステムを新たに開発・製品化しました。
  今回開発した『分娩検知システム(牛わか)』は、分娩予定牛を最新のサーマルカメラで監視し、画像認識AI技術によって分娩前に特徴的な行動(分娩兆候)を検出したときに農家に自動通知することで、適切な分娩介助を支援します。これは、本学獣医学部動物飼育管理学研究室におけるICT(情報通信技術)を活用した家畜生産技術の基礎研究をもとに、生産現場のニーズに応え、民間企業と協業して開発したシステムです。
  本製品の導入により、分娩監視にかかる労働負担の軽減や、分娩事故の低減が期待されます。

詳細は以下をご参照ください。
https://livestockjapan.com/