北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

ブナ巨木の森で、ニホンジカの自然植生への影響を調べる(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報ブナ巨木の森で、ニホンジカの自然植生への影響を調べる(生物環境)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

  青森県のニホンジカは1900年ごろに一旦消滅しましたが、2000年ごろから再び北上・再侵入しています。ニホンジカは高い繁殖力を持ち、広範囲の植物を採食するため自然生態系に大きな影響をもたらします。深刻な被害が報告された時点で植生は大きく変化しているため、その後復元することは容易ではありません。早期にシカの影響を把握し、対策を実施することがなによりも重要です。そこで動物生態学系研究室では、弘前大学と共同で、十和田八幡平国立公園でニホンジカの自然植生への影響を調べる調査を継続的に行なっています。
  今年の調査は日本一のブナの巨木(通称“森の神”)に近いブナ林で行いました。この周辺はツキノワグマやニホンカモシカが多数生息する自然豊かな場所です。この林の中に調査区画を設定し植物の種構成や種ごとの本数や量、食痕などを調査しました。ニホンジカが多数生息すると、稚樹(若い木)が減少したり、一部の忌避植物(食べない植物)が増加する、といった現象がみられることがわかっています。幸いなことに、今回の調査では調査地の植物にはニホンジカの影響は検出されませんでしたが、今後も継続して監視して行く予定です。

動物生態学研究室

  • 図1 調査区画を決めているところです。
  • 図2 「森の神」です。樹齢400年(推定)。
  • 図3 森の神入り口に立つ注意喚起の木彫り熊と記念撮影。なお鼻は本物のツキノワグマによって削られています。(クマがいる森では必ず複数人で行動しましょう)

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。