北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

2019年度第8回生物環境科学科セミナーのご案内(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報2019年度第8回生物環境科学科セミナーのご案内(生物環境)

2019年度第8回生物環境科学科セミナーを下記の要領で開催いたします。
演者は生物環境科学科卒業生の松山紘之さんです。
現在は東京大学大学院の博士後期課程で研究活動に邁進されています。
皆様のご参加をお待ちしております。

日    時 2020年2月17日(月)17:00 〜
場    所 841教室
演    者 松山 紘之 氏(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士後期課程1年)
タイトル ニホンジカの個体数増加がマダニ類へ及ぼす影響
要    旨 日本各地におけるシカの個体数増加は、マダニ密度を高めることでマダニ媒介性感染症リスクを高めている可能性がある。
しかし、シカ密度の増減に対するマダニ類の応答には未解明な点も多い。
発表者は、シカ密度を操作した実験区のある北海道と、地域ごとのシカ密度がモニタリングされている千葉県で、野外におけるシカ密度の増減がマダニ類の密度へ及ぼす影響を検証している。
また、マダニ類についてヒトへ病原性のある種を含むリケッチア属細菌の保有率を調べることで、シカ密度の増減がマダニ媒介性感染症リスクに及ぼす影響についても検討している。
今回の発表では、その途中結果について報告する。

生物環境科学科セミナー委員
馬場・島本・大出