北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

修士課程を終えて(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報修士課程を終えて(生物環境)

修士課程を修了して

原田航汰

  青森県の東部には,小川原湖という汽水湖があります。シジミ,ワカサギ,シラウオなどの有名な産地です。その小川原湖の南部には,姉沼が接続していますが,その姉沼では,アオコの発生等,富栄養化が問題になっています。そこで私は,修士課程において,姉沼の水質変動とその要因について明らかにするため,姉沼の水質調査を2年間にわたって行いました。調査時には,現地の漁師さんの船に乗って調査や試料の採取をしました。なかなかできない経験をすることができ,とても楽しかったです。調査から,気象環境が姉沼の水質に大きく影響を及ぼすことが明らかになりました。また,大学院2年生の秋に,研究成果を農業農村工学会東北支部大会で発表し,その発表に対し奨励賞を頂くことができました。2年間の頑張りを認めてもらえたことがとても嬉しかったです。

    私が、大学院在学中に得たものは沢山あります。それは、研究成果や奨励賞などの目に見えるものもあれば、発表の楽しさや研究を行う上でのデータ収集の方法、文章のまとめ方など目に見えないものもあります。特に、目に見えない,私の中に形作られたものは、社会に出ても大いに役立つものと思っています。今後,これを活かし、社会貢献していきます。研究を行う過程では、眞家永光先生をはじめ、様々な先生方から研究を良くするための数多くの助言やご指導を頂くとともに,様々な方々にご協力頂きました。ここに記して御礼申し上げます。


  • 楽しかった船に乗った調査
  • 浅いところは船から降りて
  • 農業農村工学会東北支部会で発表しました

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。