北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

山の調査の冬支度(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報山の調査の冬支度(生物環境)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

   動物生態学研究室では、2016年から十和田湖周辺の5地点に自動撮影装置を設置し、野生動物の生息状況のモニタリング(監視)を行っています。自動撮影装置は赤外線センサーで動物を検知して撮影するものです。電池で動作し撮影画像は記録メディアに保存されます。人間がいない状況で撮影するため、動物の普段通りの姿を記録することができます。
  動物生態学研究室では、撮影装置は冬も含めて一年中設置したままにしています。野外使用を前提として頑丈に作られているため、装置が凍結や雪によって全滅することはありません。林内では積雪が多くないので1.5m以上の高さに設置すれば装置が雪に埋まることはなく、やや下向きに設置することで雪の付着も防止できます。ただし記録メディアの容量と電池の消耗は問題です。記録メディアの容量は、動物の撮影だけなら十分なのですが、吹雪、雪の照り返し、春の草のそよぎ(これが深刻)などを装置が動物と誤認して撮影し、容量が埋まってしまうことがあります。電池も通常なら6〜7ヶ月は保ちますが、撮影回数が多くなると消耗します。記録メディアの容量や電池を使い切ってしまったら、それ以上データは記録されません。
  そこで毎年気になるのが山の道路の冬期閉鎖です。十和田湖周辺の一部の道路は毎年12月初めから4月終わりまで閉鎖が予定されています。半年近く調査地点に入れませんので、冬期閉鎖ギリギリのタイミングで消耗品の交換を行うようにしています。ところが2020年は降雪が早かったため一部の道路は11月半ばに閉鎖されることになり、研究室では大慌てで調査地点を回って冬支度(撮影装置の設置の確認、電池と記録メディアの交換)を行いました。冬支度が終わると次に撮影装置を訪問するのは5月です。毎年、春まで頑張ってと撮影装置の健闘を祈りながら現場を後にしています。


  • 図1:2020年11月11日のカメラ設置地点周辺の様子。すでに結構な積雪がありました。
  • 図2:夏の消耗品交換の様子。
  • 図3:2017年4月に撮影されたツキノワグマ。まだ人がいない山を自由に行動しています。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。