北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

〜 生物環境科学科 入試および入学をお考えの方へ(特集号)〜 特集II 生物環境科学科の特色ある教育)(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報〜 生物環境科学科 入試および入学をお考えの方へ(特集号)〜 特集II 生物環境科学科の特色ある教育)(生物環境)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

〜 生物環境科学科 入試および入学をお考えの方へ(特集号)〜
特集II 生物環境科学科の特色ある教育

   本特集では、生物環境科学科の特色ある教育をご紹介します。
  十和田キャンパスのある青森県には八甲田連峰や奥入瀬渓流、ブナの原生林など貴重な生態系が残る豊かな自然や全国有数の農業生産を誇る広大な農地があります。本学科では、これら恵まれた環境を最大限に活かした実習をふんだんに盛り込んだカリキャラムを組んでいます。

(1)動物と人間が良い関係でいられるように
  野生動物」分野だけでなく、「土」・「水」・「植物」・「情報」分野などの、人間が動物に働きかけるために必要な知識と技術を学びます。それは動物と共存できる環境の創造ができる人材を育てたいから。
  たとえば、田んぼや農業水路はお米などの生産に必要ですが、同時に魚やカエルたちの棲み家でもあります。お米をたくさん穫れるように行われている田んぼや水路の整備は、一方で魚やカエルたちの棲み家を奪っています。本学科では、魚やカエルたちのことも考えた整備方法(生態系配慮工法)を学ぶことができます。

(2)フィールドワークを重視したカリキャラム
  本学科の教育の特色の1つは、豊富なフィールドワークにあります。学生は、自然豊かなキャンパス内外のフィールドで身体を動かしながら、机上で学ぶ知識の意義をより深く理解し、より実践的な知識を習得することができます。
  緑地保全学実験では、実際の緑地(耕地、草地、林地など)を対象に実習します。先ず十和田キャンパス内の草地や林地で植物の見分け方植生調査の方法について学びます。その上で、ビオトープを含めて十和田周辺や八甲田山麓における植生を実際に見学に行き、標高の違いが植生にどう影響しているかを学びます。

(3)卒業後に役立つ資格
  本学科で取得できる資格は、測量士補(卒業時に取得)、測量士(卒業後実務1年)、習得技術者(技術士補)、土木施工管理技士(卒業後3年で一級受験資格)、自然再生士補があります。卒業後、自分が選んだ仕事で活躍する、そのために身につけておく資格がとれます。


  • 写真1:魚にはコンクリート張りの水路よりも、中州がある水路の方が棲みやすい?
  • 写真2:生態系配慮工法がなされたコンクリート二面張り水路での魚類調査
  • 写真3:水路で見つけたツチガエル。お腹をなでるとおとなしくなるよ。
  • 写真4: 八甲田ブナ二次林で林床の落葉厚さとギンリョウソウという腐生植物を観察している実習写真(中央のブナの幹の根元に生えているギンリョウソウが見えるかな?)

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。