北里大学 獣医学部 生物環境科学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

金華山島のドローンによるシカの個体数調査(生物環境)

トップ 学科・大学院案内 生物環境科学科 新着情報金華山島のドローンによるシカの個体数調査(生物環境)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

今回動物生態学系研究室の私たちは、3月末に金華山島のドローンによるシカの個体数調査に参加しました。金華山島は宮城県の牡鹿半島の先端に位置する島で三陸復興国立公園に指定されています。野生のシカとサル,都会では見ることが出来ない自然を見ることが出来ます。
金華山島では毎年20人以上の調査員が島を歩いてシカの数を直接数えるシカのセンサス(個体数調査)を行っています.しかし震災などの影響により人が歩けない危険な場所が増えていること,調査できる人員を集めることが難しいこと、さらにコストが大きくかかることなどが理由となり,この調査が年々難しくなっています.今回私たちが行ったドローン調査は、より安全でコストが少なく人員が少数ですむドローン調査に移行することを目的として行いました。
ドローン調査では赤外線カメラを用いて動物を検出するため,地熱の影響を受けにくい夜間に行いました。島のそれぞれのポイントまで移動してドローンを飛ばし,カメラに写ったシカをカウントして個体数を調べます。3月末とは言え海が近かったこともあり風が冷たくドローンを飛ばしている間はかなり辛かったですが、夜中に山を登るのは非日常を感じることが出来、森に入るとすぐにシカを見ることが出来たのでとても面白かったです。また帰り道では太平洋に登る朝日を見ることが出来とても充実した調査となりました。


  • 写真1:島の西側にある鹿山には多くの鹿が群れを成しており,立派なツノを生やしたオス鹿を見ることが出来ます。
  • 写真2:金華山島の鹿は人になれているため意外と近くで見ることが出来ます。
  • 写真3:地面が不安定な場所が多いため人がド−ロンをキャッチして着陸させます。
  • 写真4:他大の先生がドローンの操作中。一人は記録係です。調査は深夜から朝まで行いました。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。