北里大学 獣医学部 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

フィールドサイエンスセンター

トップ 学科・大学院案内 研究室プロフィールフィールドサイエンスセンター

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) フィールドサイエンスセンター(八雲牧場)
(フィールドサイエンスセンター ヤクモボクジョウ)
学科
研究室URL
スタッフ [センター長・教授] 寳示戸 雅之
[准教授] 畔柳    正
[助   教] 小笠原 英毅
研究内容 北里大学獣医学部附属八雲牧場では、350haの広大な面積を利用し、化学肥料と農薬に一切依存しない飼料生産を行い、肉牛を放牧することによって「北里八雲牛」(登録商標)を生産している。いわば循環型畜産の典型を実践している。その課程には、草地管理、堆肥生産、家畜飼養、食肉科学、繁殖科学をふんだんに活用する実践的な研究テーマが山積している。ここには土→草→牛→土の順で、循環を担う各パーツ技術が、研究テーマとなる。たとえば、草地植生と家畜生産の関係解析、堆肥施用による植生管理法、放牧方法と肉質科学等。さらに、八雲牧場には草地だけでなく、林地や水系も含まれるので、そこに生息する多様な動植物の生態と、人為的管理の接点、さらにはこれら全体を包含する環境の保全対策が重要な研究テーマである。
研究課題
  1. 有機的管理実践牧場における炭素および窒素(養分)フロー解析
  2. N-0草地(化学肥料無施用草地)における飼料生産性の解析
  3. 有機的管理で生産される肉用牛の産肉性解析
  4. 無機および有機セレン含有固形塩が肉用牛に及ぼす影響
  5. 有機的管理で生産された肉用牛の内臓および骨格筋組織の組織化学的解析
  6. 赤肉形成過程における共役リノール酸の作用機序の解明
  7. 放牧地分娩における子牛の免疫獲得機構の解明
  8. 有機的管理で生産された牛肉の栄養学的および食品科学的解析
  9. 自給飼料型肉牛生産システムの一般普及モデルの確立
トピックス
研究業績

2012
・Kimura S.D., Yan X.-Y., Hatano R., Hayakawa A., Kohyama K., Ti C., Deng M., Hojito M., Itahashi S., Kuramochi K., Cai Z. and Saito M. 2012. Influence of agricultural activity on nitrogen budget in Chinese and Japanese watersheds. Pedosphere 22, 137-151.

・Orime A, Yonezawa T, Ogasawara H, Kuroyanagi T, Manda T. 2012. Analysis of preference for domestic grass-fed beef in Japanese youths. 83(3):268-71.

2011
・寳示戸雅之,集約的酪農地帯における大気を介した窒素循環、2011. 博友社刊 日本土壌肥料学会監修 シンポジウムシリーズ 農業由来のアンモニア負荷-その環境影響と対策113-136, 編集 寳示戸雅之

・Deng M., Kimura S.D., Lee J., Hojito M. and Yoh Y. 2011. Denitrification on andosols in an intensive dairy farming region of central Japan. Agriculture Ecosystem & Environment. 144, 330? 337.

・S. Matsuura, A. Mori, M. Hojito, T. Kanno, and H. Sasaki, 2011. Evaluation of a portable chamber system for soil CO2 efflux measurement and the potential errors caused by internal compensation and water vapor dilution, Journal of Agricultural Meteorology, 67 (3), 127-137 .

・折目愛, 小笠原英毅, 岡山和代. 2011. 放牧など粗飼料100%で生産された赤身牛肉におけるドライエージング効果. 伊藤記念財団平成22年度食肉に関する助成研究調査報告. VOL.29: 68-74.

2010
・Hojito M, Hayashi K, Matsuura S. 2010. Ammonia exchange on grasslands in an intensive dairying region in central Japan, Soil Science and Plant Nutrition, 56, 503-511.

・Hojito M, Hayashi K, Matsuura S. 2010. Two-year monitoring of the vertical distribution of ammonia in the atmosphere above an intensive dairy farming area in central Japan, Jpn. Soc. Atmos. Environ. 45, 166-170

・Watanabe H., Akasaka D., Ogasawara H., Sato K., Miyake M., Saito K., Kanaya T., Takakura I., Chao G., Rose M.T., Ohwada S., Watanabe K., Yamaguchi T., Aso H. 2010. Peripheral serotonin enhances lipid metabolism by accelerating bile acid turnover. Endocrinology, 151:4765-4775.

2009
・K.Nakagami M.Hojito, S.Itano, K.Kohyama, T.Miyaji, A.Nishiwaki, S.Matuura, M.Tsutsumi and S.Kano, 2009. Soil carbon stock in typical grasslands in Japan, Grassland Science, 55, 96-103.

・A. Mori, M.Hojito, M.Shimizu, S.Matsuura, T.Miyaji and R.Hatano. 2008. N2O and CH4 fluxes from a volcanic grassland soil in Nasu, Japan: Comparison between manure plus fertilizer plot and fertilizer-only plot, Soil Science and Plant Nutrition, 54,606-617.

2008
・松本武彦、糟谷広高、扇 勉、寳示戸雅之, 2008. チモシー(Phleum pratense L.)草地に対するスラリーの多量施用が牧草生産性、乳牛の泌乳量および血液成分に与える影響, 日本草地学会誌54, 223-229.

・A. Mori, M.Hojito, M.Shimizu, S.Matsuura, T.Miyaji and R.Hatano, 2008. N2O and CH4 fluxes from a volcanic grassland soil in Nasu, Japan: Comparison between manure plus fertilizer plot and fertilizer-only plot, Soil Science and Plant Nutrition, 54,606-617.

・Ogasawara H., Ohwada S., Nagai Y., Taketa Y., Matsuzaki M., Tanaka S., Watanabe K., Aso H., Yamaguchi T. 2008. Localization of leptin and leptin receptor in the bovine adenohypophysis. Domestic Animal Endocrinology 35, 8-15.

・Nagai Y., Ogasawara H., Taketa Y., Aso H., Watanabe K., Ohwada S., Muneta Y., Yamaguchi T. 2008. Expression of inflammatory related factors in porcine anterior pituitary derived cell line. Veterinary Immunology and Immunopathology. 124, 201-208.

・Ogasawara H., Aso H., Nagai Y., Matumoto K., Okumura H., Tanaka S., Watanabe K., Ohwada S., Yamaguchi T. 2008. Presence of neuropeptide Y in somatotrophs of cattle. Domestic Animal Endocrinology. 35, 274-280.

・ Nagai Y., Ogasawara H., Taketa Y., Aso H., Tanaka S., Kanaya T., Watanabe K., Ohwada S., Muneta Y., Yamaguchi T. 2008. Bovine anterior pituitary progenitor cell line expresses IL-18 and IL-18Rs. Journal of Neuroendocrinology. 20,1233-1241.

・Nagai Y., Aso H., Ogasawara H., Tanaka S., Taketa Y., Watanabe K., Ohwada S., Rose M.T., Kitazawa H., Yamaguchi T. 2008. Anterior pituitary progenitor cells express costimulatory molecule 4Ig-B7-H3. Journal of Immunology. 181, 6073-6081.

・Taketa Y., Nagai Y., Ogasawara H., Hayashi S., Miyake M., Tanaka S., Watanabe K., Ohwada S., Aso H., Yamaguchi T. 2008. Differential expression of myostatin and its receptor in the porcine anterior pituitary gland. Animal Science Journal. 79, 382-390.

2007
・森 昭憲、寳示戸雅之、神山和則, 2007. 家畜ふん尿に由来する重金属の草地飼料畑に対する投入量と牧草飼料作物による収奪量の地域別推定値, 日本土壌肥料学雑誌,78,23-31.
・畔柳 正、萬田富,、2007. FSC八雲牧場の循環型農業への取り組み, 北海道あか牛研究、 5:7-15.
2006
・松本武彦、寳示戸雅之, 2006. チモシーの単播草地に表面施用した乳牛堆肥の窒素無機化率を考慮した肥効評価, 日本土壌肥料学雑誌,77,407-412.
・松本武彦、木村義彰、高橋圭二、寳示戸雅之, 2006. シートを用いて被覆した牛ふんの堆肥化過程における肥料成分の挙動, 日本土壌肥料学雑誌,77,395-400.
・神山和則、寳示戸雅之、佐々木寛幸、松浦庄司, 2006. 家畜ふん尿の処理物別,仕向先別の肥料成分量の推定, 日本土壌肥料学雑誌,77,283-292.
・寳示戸雅之、林健太郎、村野健太郎、森 昭憲, 2006. 集約的畜産地帯における大気中アンモニア濃度の実態, 日本土壌肥料学雑誌,77,53-57.
・寳示戸雅之、松波寿弥,林健太郎、村野健太郎、森 昭憲, 2006. 集約的畜産地帯における窒素沈着の実態, 日本土壌肥料学雑誌,77,47-52.

備考
所在 十和田キャンパス V3号館3階、 獣医学部附属FSC八雲牧場(北海道二海郡八雲町)
連絡先 0176-24-9339 (八雲牧場 : 0137-63-4362)