北里大学 獣医学部 獣医学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

中村和市教授(毒性学)が日本毒性学会 学会賞を受賞(獣医)

トップ 学科・大学院案内 獣医学科 新着情報中村和市教授(毒性学)が日本毒性学会 学会賞を受賞(獣医)

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

2017年7月20日

日本毒性学会の学会賞は、毒性学に関連する顕著な研究業績をあげ、かつ日本毒性学会の発展充実に大きく貢献した学会員に授与されるものです。日本毒性学会における栄誉ある賞として、2007年に創設され、毎年1名が受賞、今年で11回目となります。中村教授の受賞研究課題名は「免疫毒性を中心とした医薬品の安全性評価系に関する研究」で、授賞式ならびに受賞講演が第44回日本毒性学会学術年会(2017年7月11日、パシフィコ横浜)にて行われました。

中村和市教授のコメント
この度、大変栄誉ある賞を授与いただき心から喜んでおりますとともに、これまでお導きいただいたすべての先生方に深く感謝をいたしております。2014年に第41回日本毒性学会学術年会の年会長を務めさせていただきましたが、そのときのテーマを「基礎研究から応用研究へのトランスレーション」とさせていただきました。今回、基礎研究をもとに免疫毒性等に関する安全性評価系の確立と実践を目指した本研究が認められたことに喜びもひとしおでございます。毒性学研究と後進の指導に頑張る決意を新たにいたしております。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。