北里大学 獣医学部 獣医学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

第420回 獣医学科セミナー<Faculty Seminar>

トップ 学科・大学院案内 獣医学科 新着情報第420回 獣医学科セミナー<Faculty Seminar>

  第420回獣医学科セミナーを以下のように開催いたします。教職員および学生のご参加をお待ち申し上げます。

タイトル 獣医臨床繁殖学研究室の研究対象と内容
演    者 坂口 実 先生
セミナー内容
(要約)
当研究室では、3名の教員と2名の大学院生が中心となり、学部生とともに以下のような研究を実施しています。三浦講師は性ステロイドホルモンを主な対象として、その測定系の確立、および牛・羊・山羊といった反芻動物の妊娠期のステロイドホルモン動態について研究を進めるとともに、生殖工学関連の課題にも取組んでいます。また、社会人博士課程二年の万代一翔獣医師は、酪農現場での排卵同期化による定時人工授精の効率化と低コスト化を目的とした試験研究に取組み、学位取得を目指しています。菊池准教授は、馬・羊・山羊・犬を主な対象として、精子の品質評価や凍結保存の研究を進めてきました。さらに研究者の少ない分野である、雌犬および雌豚の繁殖研究にも取組んでいます。坂口は博士課程二年の日下裕美とともに、前任地(北海道農業研究センター)で得た分娩後乳牛の繁殖性に関する未発表データの解析と論文化を進めるとともに、北里大着任後開始した発情行動に関する研究を、肉用牛を対象に実施しています。また、博士課程の日下は青森県畜産研究所との共同研究で、分娩後乳牛の子宮修復過程の評価と子宮疾患に関する研究を、卵巣機能との関連も含めて実施し、学位取得を目指しています。