北里大学 獣医学部 獣医学科

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

感染対策下で医療面接実習を行いました

トップ 学科・大学院案内 獣医学科 新着情報感染対策下で医療面接実習を行いました

  5月26〜29日の日程で、5年生を主体とした144名に対して医療面接実習を行いました。これは獣医学生が飼い主の方と会話するため、つまりは問診の方法を習得するための実習です。診療の場面では、教科書的な病気の知識だけではなく、マナーや接遇も含めたコミュニケーション能力が高度に求められます。しっかり練習しておかなければ、いざ現場に立っても思ったように診療を進めることができません。
  この実習では、より現場に近い体験ができるようにロールプレー方式を採用しています。例年、一般市民の方に飼い主役をお願いしていましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外部の方の参加をとりやめ、上級生である6年生が飼い主役となりました。ほかにも時間短縮や関与するスタッフの人数削減、広い部屋への実習場所の変更、換気の増加、マスク装着など、感染機会を極力減らす体制を取りながらも、本来の目的である現場の疑似体験に努めました。問診の実施後には学生ひとりひとりに対し、教員や飼い主役からのアドバイス(フィードバック)をもらい、自身の癖や傾向を把握できたようです。
  飼い主役であった6年生は、すでに参加型臨床実習として実際の診療に携わっていますが、彼らの側にとっても、不安を抱えた飼い主の気持ちが実感できたなど、良い影響があったようです。


こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。