北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 毒性学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 毒性学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 毒性学研究室(ドクセイガクケンキュウシツ)
学科 獣医学科
生体機構系
研究室URL
スタッフ [教   授] 中村 和市
[准教授] 鎌田 亮
研究内容 毒性学研究室では、免疫毒性と環境毒性の2つの大きな研究テーマを掲げています。
[免疫毒性]免疫毒性とは、化合物が意図せず免疫抑制あるいは免疫亢進を起こす現象です。免疫抑制が起きると感染症やがんに対する抵抗力が弱まります。一方、免疫亢進が起きると、アレルギーや自己免疫疾患に罹りやすくなります。免疫毒性をin vitro、in vivoで評価する研究を行っています。
[環境毒性]人や動物の内分泌系に影響を及ぼす化学物質を検出する試験法の開発を遺伝子導入技術を用いて行っています。また、化学物質によって起こる野生動物の繁殖障害について、その発症メカニズムの研究を行っています。
研究課題 1. 生殖免疫毒性: 妊娠成立には父親からの抗原を受け入れる機序が母親に働いていますが、その機序が化合物によって破綻することがあるかどうかを研究しています。
2. 発達免疫毒性:胎児期あるいは幼若期の化合物曝露による免疫機能に及ぼす影響を研究しています。
3. 環境汚染によって起こる野生動物の繁殖障害や個体数減少の発生メカニズムを、種々の実験手法を駆使して明らかにします。
4. ホルモン等の受容体に作用して毒性を発揮する化学物質やそれによる環境影響を検出する試験法を開発しています。
トピックス
研究業績

[学術論文]
Tamaki C, Nagayama T, Hashiba M, Fujiyoshi M, Hizue M, Kodaira H, Nishida M, Suzuki K, Takashima Y, Ogino Y, Yasugi D, Yoneta Y, Hisada S, Ohkura T, Nakamura, K. 2013. Potentials and limitations of nonclinical safety assessment for predicting clinical adverse drug reactions: correlation analysis of 142 approved drugs in Japan. J. Toxicol. Sci. 38: 581-591.
Onoue S, Hosoi K, Wakuri S, Iwase Y, Yamamoto T, Matsuoka N, Nakamura K, Toda T, Takagi H, Osaki N, Matsumoto Y, Kawakami S, Seto Y, Kato M, Yamada S, Ohno Y, Kojima H. 2013. Establishment and intra-/inter-laboratory validation of a standard protocol of reactive oxygen species assay for chemical photosafety evaluation. J. Appl. Toxicol. 33: 1241-1250.
Kamata R, Shiraishi F, Takahashi S, Shimizu A, Nakajima D, Kageyama S, Sasaki T, Temma K. 2013. The effects of transovarian exposure to p,p'-DDT and p,p'-DDE on avian reproduction using Japanese quails. J. Toxicol. Sci. 38: 903-912.
Sasaki T, Kamata R, Ueno S, Kaneda T, Temma, K. 2012. Green tea catechins increase the force of contraction in isolated guinea pig atrial muscle preparations by increasing the amplitude of intracellular Ca2+ concentration. J. Vet. Med. Sci. 74: 1603-1608.
Kamata R, Itoh K, Nakajima F, Kageyama S, Sawabe A, Terasaki M, Shiraishi F. 2011. The feasibility of using mosquitofish (Gambusia affinis) for detecting endocrine disrupting chemicals in the freshwater environment. Environ. Toxicol. Chem. 30: 2778-2785.
Kamata R, Shiraishi F, Nakajima D, Kageyama S. 2011. Estrogenic effects of leachates from industrial waste landfills measured by a recombinant yeast assay and transcriptional analysis in Japanese medaka. Aquat. Toxicol. 101: 430-437.

[総説・その他]
田原俊介,小林伸好,新井裕幸,倍味 繁,伊藤晋介,中原夕子,守本亘孝,板野泰弘,山口高史,丹羽一夫,関 二郎,中村和市.2014.アカデミア・ベンチャー創薬シーズの製薬企業へのスムーズな橋渡しに向けて.日本薬理学雑誌.143: 196-202.
Minagawa T, Nakano K, Furuta S, Iwasa T, Takekawa K, Minato K, Koga T, Sato T, Kawashima K, Kurahashi Y, Onodera H, Naito S, Nakamura K. 2013. Perspectives on non-clinical safety evaluation of drug metabolites through the JSOT workshop. J. Toxicol. Sci. 37: 667-673.
新井裕幸,倍味 繁,田原 誠,田中康介,立道 聡,山崎裕之,河内雅直,林 誠治,中島謙治,丹羽一夫,椰野健司,中原夕子,三井 覚,山口高史,山本恵司,渡部一人,中村和市.2013.医薬品の研究開発における安全性薬理試験の現状と課題.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス.44: 166-176.
中村和市.2012.安全性等に関するトピックの動向 S10 : Photosafety Evaluation of Pharmaceuticals(医薬品の光安全性評価).医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス. 43: 173-179.

[著書]
Toda T, Nakamura, K. Immunotoxicological effects of pharmaceuticals on signal transduction in innate and adaptive immunity. in Molecular Immunotoxicology. (Emanuela Corsini and Henk van Loveren, eds.). Wiley-VCH, Weinheim.(分担):2014年10月刊行予定.
Nakamura K, Fueki O. 2013. Pharmaceutical regulations for nonclinical safety assessment in Japan. pp135-143. in Nonclinical Safety Assessment: A Guide to International Pharmaceutical Regulations. (William J. Brock, Kenneth L. Hastings and Kathy M. McGown, eds.). JohnWiley & Sons, New Jersey.(分担)
Nakamura K. 2008. Need for specialized immunotoxicity tests. pp45-54. in Immunotoxicology Strategies for Pharmaceutical Safety Assessment. (Danuta J. Herzyk and Jeanine L. Bussiere, eds.). John Wiley & Sons, New York.(分担)
中村和市.2011.免疫毒性.pp163-171.創薬研究のストラテジー(下).(日本薬理学会編).金芳堂,京都.(分担)
尾上誠良,中村和市.2011.光毒性.pp231-238.創薬研究のストラテジー(下).(日本薬理学会編).金芳堂,京都.(分担)

備考
所在 V10号館4階
連絡先