北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医微生物学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医微生物学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医微生物学(ジュウイビセイブツガク)
学科 獣医学科
予防衛生
研究室URL
スタッフ [准教授] 田邊 太志
[助   教] 山本 聡美
研究内容 感染症は、病原微生物が動物や人に感染することによって引き起こされます。その細菌、ウイルスの病原性を調べることにより、感染症のメカニズムを解明し、それをもとに予防・診断・治療法の確立を目指しています。本研究室では、ウシの肺炎、ネコ免疫不全ウイルス感染症などを対象に研究を進めています。
研究課題 ・猫免疫不全ウイルス感染症の治療法の確立
Pasteurella multocidaの病原性因子の解析
・ウイルスと細菌の混合感染における相互作用の解析
・薬剤耐性菌調査
トピックス
研究業績

[学術論文]
1. Takano, T., Satoh, K., Doki, T., Tanabe, T. and Hohdatsu, T. 2020. Antiviral Effect of Hydroxychloroquine and Type I Interferion on In Vitro Fatal Feline Coronavirus Infection. Viruses (Basel) 12: E576.
2. 加藤 恵, 金本 淳也, 前田 洋佑, 橋 史昭, 鹿野 達也, 田邊 太志, 廣瀬 和彦, 渡辺 大作 2019. 尿路感染症と診断された黒毛和種牛における原因菌と薬剤感受性 産業動物臨床医学雑誌 10(5):222-229
3. Tanabe, T., Fukuzawa, H., Amatatsu, Y., Matsui, K., Ohtsuka, H., Maeda, Y. and Sato, H. 2019. Identification of an antilymphocyte transformation substance from Pasteurella multocida. Microbiol. Immunol. 63(7):261-268.
4. Ohtsuka, H., Inoue, M., Maeda, Y., Tanabe, T., and Tajima, M. 2018. Effect of Pasteurella multocida soluble antigen stimulation on the in vitro response of peripheral blood mononuclear cells of Holstein calves. 2018. Acta Veterinaria-Beograd. 68(2):201-210.
5. Okamura, M., Kaneko, M., Ojima, S., Sano, H., Shindo, J., Shirafuji, H., Yamamoto, S., Tanabe, T., Yoshikawa, Y. and Hu DL. 2018. Differential Distribution of Salmonella Serovars and Campylobacter spp. Isolates in Free-Living Crows and Broiler Chickens in Aomori, Japan. Microbes. Environ. 33(1):77-82
6. Kurihara T, Fukuhara T, Ono C, Yamamoto S, Uemura K, Okamoto T, Sugiyama M, Motooka D, Nakamura S, Ikawa M, Mizokami M, Maehara Y, Matsuura Y. 2017. Suppression of HBV replication by the expression of nickase- and nuclease dead-Cas9. Sci Rep. 7:6122
7. Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Shiokawa M, Mori H, Uemura K, Yamamoto S, Kurihara T, Okamoto T, Suzuki R, Yoshii K, Kurosu T,
Igarashi M, Aoki H, Sakoda Y, Matsuura Y. 2017. Host-derived apolipoproteins play comparable roles with viral secretory proteins Erns and NS1 in the infectious particle formation of Flaviviridae. PloS Pathog. 13/ 6, e1006475
8. Ono C, Fukuhara T, Motooka D, Nakamura S, Okuzaki D, Yamamoto S, Tamura T, Mori H, Sato A, Uemura K, Fauzyah Y, Kurihara T, Suda T, Nishio A, Hmwe S, Okamoto T, Tatsumi T, Takehara T, Chayama K, Wakita T, Koike K, Matsuura Y. 2017. Characterization of miR-122-independent propagation of HCV. PLoS Pathog. 13/ 5, e1006374
9. Fukuhara T, Yamamoto S, Ono C, Nakamura S, Motooka D, Mori H, Kurihara T, Sato A, Tamura T, Motomura T, Okamoto T, Imamura M, Ikegami T, Yoshizumi T, Soejima Y, Maehara Y, Chayama K, Matsuura Y. 2017. Quasispecies of Hepatitis C Virus Participate in Cell-Specific Infectivity. Sci. Rep. 7:45228
10. Puig-Basagoiti F, Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Uemura K, Kawachi Y, Yamamoto S, Mori H, Kurihara T, Okamoto T, Aizaki H and Matsuura Y. 2016. Human cathelicidin compensates for the role of apolipoproteins in the infections particle formation of HCV. J. Virol. 12(90):8467-8477.
11. Yamamoto S, Fukuhara T, Ono C, Uemura K, Kawachi Y, Shiokawa M, Mori H, Wada M, Shima R, Okamoto T, Hiraga N, Suzuki R, Chayama K, Wakita T and Matsuura Y. 2016. Lipoprotein receptors redundantly participate in entry of hepatitis C virus. PLoS Pathog. 6/ 12, e1105610

[総説・その他]
1. 渡辺大作、富岡美千子、田邊太志、辻村歩美、福田恭秀 疾患 特にE. coliとProteus mirabilisによるウシの泌尿器感染症 臨床獣医 2012. 30(1):44-49
2. 小口高広、前田洋佑、富岡美千子、高橋史昭、田邊太志、佐藤久聡、渡辺大作. 青森県内の肺炎牛における気管支肺胞洗浄液および鼻腔拭い液を用いた分離菌の比較 臨床獣医 2017. 36(10):33-36.
3. 大蔵佳織、岡野顕子、森尚志、田邊太志、佐藤久聡、伊藤直之 犬の歯周病に対するStreptococcus salivarius K12(口腔内善玉菌)の臨床検討 CAP 2017 8月号

備考
所在 本館A棟 6階
連絡先