北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医微生物学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医微生物学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医微生物学(ジュウイビセイブツガク)
学科 獣医学科
予防衛生
研究室URL
スタッフ [教   授] 佐藤 久聡
[准教授] 田邊 太志
[助   教] 山本 聡美
研究内容  ブドウ球菌は様々な動物種に化膿性皮膚疾患を引き起こすが、ヒトのブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、ブタの滲出性表皮炎、イヌの膿皮症、ニワトリの浮腫性皮膚炎等はその発病にブドウ球菌が産生する外毒素(表皮剥脱毒素)が関連すると考えられている。当研究室では各種動物由来ブドウ球菌の産生する表皮剥脱毒素の構造を、遺伝子工学的手法を利用して解析するとともに毒素活性と発病機構の関連について研究している。また、小動物(イヌ・ネコなど)のサイトカインの生物活性を解析し、病気の動物に対する治療への応用を検討している。
研究課題

1) Staphylococcus hyicus表皮剥脱毒素遺伝子発現系の開発及び発現毒素の活性解析
2) サイトカインに関する研究

トピックス
研究業績

・Taira O., Watanugi I., Hagiwara Y., Takahashi M., Arai S., Sato H., Maehara N. 2005. Cloning and expression of canine interferon-alpha genes in Escherichia coli. J Vet Med Sci 67:1059-1062.

・Taira O., Suzuki M., Takeuchi Y., Aramaki Y., Sakurai I., Watanabe T., Motokawa K., Arai S., Sato H., Maehara N. 2005. Expression of feline interferon-alpha subtypes in Escherichia coli, and their antiviral activity and animal species specificity. J Vet Med Sci 67:543-545.

・Sato H. 2004. Analysis of target protein of Staphylococcus hyicus exfoliative toxins (SHETs). The Waksman Foundation of Japan Inc. Report of Researches in 2003 29-38.

・Nagai A., Taira O., Ishikawa M., Hiramatsu K., Hohdatsu T., Koyama H., Arai S., Sato H., Nakano K., Maehara N. 2004. Cloning of cDNAs encoding multiple subtypes of feline interferon-alpha from the feline epithelial cell line. J Vet Med Sci 66:725-728.

・Hirose K., Kawasaki Y., Kotani K., Abiko K., Sato H. 2004. Characterization of a point mutation in the parC gene of Mycoplasma bovirhinis associated with fluoroquinolone resistance. J Vet Med B 51:169-175.

・Sato H., Hirose K., Terauchi R., Abe S., Moromizato I., Kurokawa S., Maehara N. 2004. Purification and characterization of a novel Staphylococcus chromogenes exfoliative toxin. J Vet Med B 51:116-122.

・Hirose K., Kobayashi H., Ito N., Kawasaki Y., Zako M, Kotani K., Ogawa H, Sato H. 2003. Isolation of mycoplasmas from nasal swabs of calves affected with respiratory diseases and antimicrobial susceptibility of their isolates. J Vet Med B 50:347-351.

・Terauchi R., Sato H, Endo Y, Aizawa C, Maehara N. 2003. Cloning of the gene coding for Staphylococcus intermedius exfoliative toxin and its expression in Escherichia coli. Vet Microbiol 94:31-38.

・Terauchi R, Sato H, Hasegawa T, Yamaguchi T, Aizawa C, Maehara N. 2003. Isolation of exfoliative toxin from Staphylococcus intermedius and its local toxicity in dogs. Vet Microbiol 94:19-29.

備考
所在 5号棟2階
連絡先