北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医伝染病学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医伝染病学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医伝染病学(じゅういでんせんびょうがく)
学科 獣医学科
予防衛生系
研究室URL
スタッフ [教   授] 宝達    勉
[准教授] 高野 友美
[助   教] 土岐 朋義
研究内容  ネコおよびイヌのウイルス感染症の基礎的研究からワクチン予防・治療までを目的に研究を実施している。現在は、ネコの難病といわれている「ネコ伝染性腹膜炎」と「ネコ免疫不全ウイルス感染症」に重点を置き研究している。
ネコ伝染性腹膜炎(FIP)は、ネココロナウイルスの一種であるFIPウイルスの感染に起因し、発症するとほぼ100%のネコが死亡する。しかし、ワクチンも治療法もない。そこでFIP発症機構とワクチン・治療に関する研究を行っている。
ネコ免疫不全ウイルス(FIV)感染症は「ネコエイズ」とも言われるように、ヒトのエイズに類似している。ネコエイズになると免疫力が低下し、殆どの猫が死亡するが、その治療法は無い。そこでエイズ発症予防を最終目的とし、研究を行っている。
研究課題 1. ネコ伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)に関する研究
2. ネコ免疫不全ウイルス(FIV)感染症に関する研究
トピックス
研究業績 ・ Takano, T., Hohdatsu, T., Toda, A., Tanabe, M. and Koyama, H. 2007. TNF-alpha, produced by feline infectious peritonitis virus (FIPV)-infected macrophages, upregulates expression of type II FIPV receptor feline aminopeptidase N in feline macrophages. Virology. 364:64-72

・ Takano, T., Hohdatsu, T., Hashida, Y., Kaneko, Y., Tanabe, M. and Koyama, H. 2007. A“possible”involvement of TNF-alpha in apoptosis induction in peripheral blood lymphocytes of cats with feline infectious peritonitis. Vet. Microbiol. 119:121-131.

・ Kaneshima, T., Hohdatsu, T., Hagino, R., Hosoya, S., Nojiri, Y., Murata, M., Takano, T., Tanabe, M., Tsunemitsu, H. and Koyama, H. 2007. The infectivity and pathogenicity of a group 2 bovine coronavirus in pups. J. Vet. Med. Sci. 69(3): 301-303.

・ Kusuhara, H., Hohdatsu, T., Seta, T., Nemoto, K., Motokawa, K., Gemma, T., Watanabe, R., Huang, C., Arai, S. and Koyama, H. 2007. Serological differentiation of FIV-infected cats from dual-subtype feline immunodeficiency virus vaccine (Fel-O-Vax FIV) inoculated cats. Vet. Microbirol. 120(3-4):217-225.

・ Kaneshima, T., Hohdatsu, T., Sato, K., Takano, T., Motokawa, K. and Koyama, H. 2006. The prenalence of a group 2 coronavirus in dogs in Japan. J. Vet. Med. Sci. 68(1):21-25.

・ Hohdatsu, T., Nakanishi, T., Saito, I. and Koyama, H. 2005. Ability of CD8+ T cell anti-feline immunodeficiency virus (FIV) activity and FIV proviral DNA load in mononuclear cell in FIV-infected cats. J. Vet. Med. Sci. 67(1):129-131.

・ Motokawa, K., Hohdatsu, T., Imori, A., Arai, S. and Koyama, H. 2005. Mutation in feline immunodeficiency (FIV) virus envelope gene V3-V5 regions in FIV-infected cats. Vet. Microbiol. 106:33-40.

・ Kusuhara,H., Hohdatsu,T., Okumura, M., Sato, K., Suzuki, Y., Motokawa, K., Gemma, T., Watanabe, R., Huang, C., Arai, S. and Koyama, H. 2005. Dual-subtype vaccine (Fel-O-Vax FIV) protects cats against contact challenge with heterologous subtype B FIV infected cats. Vet. Microbiol. 108:155-165.

・ Hohdatsu, T., Yamazaki, A., Yamada, M., Kusuhara, H., Kaneshima, T. and Koyama, H. 2003. Ability of CD8+ T cell anti-feline immunodeficiency virus activity correlated with peripheral CD4+ T cell counts and plasma viremia. Microbiol. Immunol. 47(10):765-773.

・ Hohdatsu, T., Yamato, H., Ohkawa, T., Kaneko, M., Motokawa, K., Kusuhara, H., Kaneshima, T., Arai, S. and Koyama, H. 2003. Vaccine efficacy of a cell lysate with recombinant baculovirus-expresse feline infectious peritonitis (FIP) virus nucleocapsid protein against progression of FIP. Vet. Microbiol. 97:31-44.

・ Hohdatsu, T., Sasagawa, T., Yamazaki, A., Motokawa, K., Kusuhara, H., Kanashima, T. and Koyama, H. 2002. CD8+T cells from feline immunodeficiency virus (FIV) infected cats suppress exogenous FIV replication of their peripheral blood mononuclear cells in vitro. Arch. Virol. 147:1517-1529.

・ Kida, K., Hohdatsu, T., Kashimoto-Tokunaga, J. and Koyama, H. 2000. Neutralization of feline infectious peritonitis virus: preparation of monoclonal antibody that shows cell tropism in neutralizing activity after viral absorption into the cells. Arch. Virol. 145:1-12.

・ Hohdatsu, T., Miyakawa, N., Ohkubo, M., Kida, K. and Koyama, H. 2000. Studies on feline CD8+ T cell non-cytolytic anti-feline immunodeficiency virus (FIV) activity. Arch. Virol. 145:2525-2538.
備考
所在 V6号館 1階
連絡先