北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医衛生学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医衛生学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医衛生学(ジュウイエイセイガク)
学科 獣医学科
予防衛生系
研究室URL http://www2.vmas.kitasato-u.ac.jp/vethygiene/
スタッフ [教   授] 高井 伸二
[准教授] 角田    勤
研究内容  家畜の細菌感染症の予防衛生を研究室のテーマとして掲げています。仔馬のロドコッカス・エクイ感染症の診断法の開発から始まり、血清学的診断法、細菌学的検査法、遺伝子診断法、生産地での定期検診などを展開してきました。その途中に、本菌の病原性因子を発見し、病原性プラスミドの分子疫学調査など、フィールドを日本からアジアさらには世界へと広げています。また、これまでに牛のモラキセラ・ボビス感染症、ストレプトコッカス・エクイ、ストレプトコッカス・スイスなどの細菌の分子疫学調査を行ってきました。最近、カンピロバクター・ジェジュニの病原性に関する分子遺伝学的研究を開始し、各種病原因子の感染・発病機序への関与を明らかにすべく、研究を展開しています。
研究課題 1) ロドコッカス・エクイ感染症の発病機序の解明
2) ロドコッカス・エクイの病原性プラスミドの機能解明
3) ロドコッカス・エクイ病原性プラスミドの馬と豚における分子疫学調査
4) キャンピロバクター・ジェジュニの病原性発現機構の解明
5) キャンピロバクター・ジェジュニの腸管定着機構の解明
トピックス 2007年度からオランダ・ユトレヒト大学獣医学部のEngeline van Duijkeren先生と馬由来強毒株の、同じくオランダのHenk Wisselink先生とブタ由来中等度毒力株の分子疫学調査を開始しました。
研究業績

Farias MR, Takai S, Ribeiro MG, Fabris VE, Franco SR. 2007. Cutaneous pyogranuloma in a cat caused by virulent Rhodococcus equi containing an 87 kb type I plasmid. Aust Vet J. 85(1-2):29-31.


Grimm MB, Cohen ND, Slovis NM, Mundy GD, Harrington JR, Libal MC, Takai S, Martens RJ. 2007. Evaluation of fecal samples from mares as a source of Rhodococcus equi for their foals by use of quantitative bacteriologic culture and colony immunoblot analyses. Am J Vet Res. 68(1):63-71.


Venner M, Meyer-Hamme B, Verspohl J, Hatori F, Shimizu N, Sasaki Y, Kakuda T, Tsubaki S, Takai S. 2007. Genotypic characterization of VapA positive Rhodococcus equi in foals with pulmonary affection and their soil environment on a warmblood horse breeding farm in Germany. Res Vet Sci. in press.


Kakuda T, Sarataphan N, Tanaka T, Takai S. 2006. Filamentous-haemagglutinin-like protein genes encoded on a plasmid of Moraxella bovis. Vet Microbiol. 118(1-2):141-147.


Kakuda T, DiRita VJ. 2006. Cj1496c encodes a Campylobacter jejuni glycoprotein that influences invasion of human epithelial cells and colonization of the chick gastrointestinal tract. Infect Immun. 74(8):4715-23.


Attili AR, Kennerman E, Takai S, Or ME, Marenzoni ML, Torun S, Pieramati C, Kayar A, Golcu E, Parkan C, Yilmaz Z, Gonul R, Valente C, Cuteri V 2006. Seroepidemiological survey of Rhodococcus equi infection in asymptomatic horses from Bursa, Izmir and Istanbul provinces, Turkey/Comp Immun Microbiol Infect Dis. 19:323-333.


Takai S, Zhuang D, Huo X, Madarame H, Gao M, Tan Z, Gao S, Yan L, Guo C, Zhou X, Hatori F, Sasaki Y, Kakuda T, Tsubaki S. 2006. Rhodococcus equi in the soil environment of horses in Inner Mongolia, China. J Vet Med Sci. 68:739-742.


Szeredi L, Molnar T, Glavits R, Takai S, Makrai L, Denes B, Del Piero F. 2006. Two cases of equine abortion caused by Rhodococcus equi. Vet Pathol. 43:208-211.


Makrai L, Kira K, Kono A, Sasaki Y, Kakuda T, Tsubaki S, Fodor L, Varga J, Takai S. 2006. Plasmid profiles of virulent Rhodococcus equi isolates from soil environment on horse-breeding farms in Hungary. Acta Vet Hung. 54:11-18.


Son GW, Lee DS, Yamatoda N, Hatori F, Shimizu N, Kakuda T, Sasaki Y, Tsubaki S, Takai S. 2006. Molecular Typing of VapA-Positive Rhodococcus equi Isolates from Jeju Native Horses, Korea. J Vet Med Sci. 68:249-253.

備考
所在 5号館4階
連絡先 0176-23-4371 (内線458, 459)