北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医寄生虫学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医寄生虫学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医寄生虫学(ジュウイキセイチュウガク)
学科 獣医学科
予防衛生系
研究室URL http://www2.vmas.kitasato-u.ac.jp/parasitology/parasitology/Welcome.html
スタッフ

[教   授] 工藤    上
[准教授] 筏井 宏実
[助 教] 草木迫 浩大

研究内容 寄生虫は、ヒトや動物 (宿主) の体表や体内に寄生し、生活している生物です。その生活過程で、宿主に病害を示すものも存在します。また、寄生虫には、目に見えるものから顕微鏡を用いてやっと見えるものまで、様々な種類が存在し、その生活様式や宿主への病害も様々です。このため、寄生虫の引き起こす病害を減らすためには、寄生虫の生活様式や生活環境を丹念に調べていくことが大切です。そこで、当研究室では伴侶動物,家畜動物,野生動物を対象に野外調査ならびにモデル動物を用いた実験的検証により寄生虫の生態や宿主におよぼす影響について研究しています。
研究課題 ○ 家畜および野生動物の寄生虫に関する調査研究
家畜や野生動物に感染している寄生虫を収集し調査しています。
○ 顧みられない熱帯病 (NTDs) 感染症の食物媒介吸虫類感染症の制御技術の開発
肝蛭と異形吸虫について実施しています。特に肝蛭については研究室内で生活環を維持しています。
○ ハマダラ蚊の繁殖コントロールを目的とした卵形成低下現象の解明
ある条件下で飼育されたハマダラ蚊は、卵形成機能が低下するという現象を見出しました。その不思議な現象がどのようにして起こっているのかを調べています。
○ マラリア原虫の媒介蚊体内ステージにおける生き残り戦略の解明
マラリア原虫は単細胞生物でありながら、ハマダラ蚊体内で有性生殖を、哺乳動物体内で無性生殖をおこないます。原虫は、これら宿主体内環境に適応するために様々な仕掛けを身につけて生き残りを可能としています。
トピックス
研究業績

・Kusakisako K, Morokuma H, Talactac MR, Hernandez EP, Yoshii K, Tanaka T. A Peroxiredoxin From the Haemaphysalis longicornis Tick Affects Langat Virus Replication in a Hamster Cell Line. Front Cell Infect Microbiol. 2020. 10: 7.

・Yoshioka K, Imai S, Ikadai H, Nagasao J, Tsujio M. Comb atrophy after bile duct ligation in chickens. J. Poultry Sci. 2018  55: 65-69.

・Kusakisako K, Fujisaki K, Tanaka T. The multiple roles of peroxiredoxins in tick blood feeding. Exp Appl Acarol. 2018. 75: 269-280.

・Sasaki H, Sekiguchi H, Sugiyama M, Ikadai H. Plasmodium berghei Cap93, a novel oocyst capsule-associated protein, plays a role in sporozoite development. Parasit Vectors. 2017. 10: 399.

・Hotta A, Tanabayashi K, Fujita O, Shindo J, Park CH, Kudo N, Hatai H, Oyamada T, Yamamoto Y, Takano A, Kawabata H, Sharma N, Uda A, Yamada A, Morikawa S. Survey of Francisella tularensis in Wild Animals in Japan in Areas Where Tularemia is Endemic. Jpn J Infect Dis. 2016. 69: 431-434.

・Tsukada R, Osaka Y, Takano T, Sasaki M, Inose M, Ikadai H. Serological survey of Encephalitozoon cuniculi infection in cats in Japan. J Vet Med Sci. 2016. 78: 1615-1617.

・Takesue M, Osaka Y, Muranaka M, Katayama Y, Ikadai H. Identification of immunodiagnostic antigens for cerebrospinal filariasis in horses by western blot analysis. J Equine Sci. 2016. 27: 17-18.

・Nakamoto Y, Shiwa N, Shimatsu T, Kimitsuki K, Tomioka M, Katayama Y, Ikadai H, Park CH. Pathological studies of Cerebrospinal setariasis in a Saanen goat. J Jpn Vet Med Assoc. 2016. 69: 36-40.

・Kusakisako K, Galay RL, Umemiya-Shirafuji R, Hernandez EP, Maeda H, Talactac MR, Tsuji N, Mochizuki M, Fujisaki K, Tanaka T. 2-Cys peroxiredoxin is required in successful blood-feeding, reproduction, and antioxidant response in the hard tick Haemaphysalis longicornis.  Parasit Vectors. 2016. 9: 457.

・Kudo N, Ishikawa N, Yamane A, Ikadai H, Oyamada T. Efficacy of levamisole alone and in combination with mebendazole against Gongylonema pulchrum infection in rabbits. J Vet Med Sci. 2015. 77: 113-116.

備考
所在 V10号館4階
連絡先 TEL: 0176-23-4371, 内線: 494