北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 小動物第2外科学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 小動物第2外科学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 小動物第2外科学(ショウドウブツダイニゲカガク)
学科 獣医学科
臨床系・小動物臨床学部門
研究室URL
スタッフ [教   授] 岡野 昇三
[講   師] 岩井 聡美
[助   教] 前田 賢一
研究内容   救急医療の現場で遭遇する機会の多いショック、特に敗血症性ショックの病態・診断・治療方法について研究しています。また、外科手術に際しては生体への侵襲は避けることができません。そのため、手術侵襲が生体・免疫機構へ及ぼす影響および侵襲軽減のため内視鏡下手術に関する研究を行っています。
  犬の主要な内分泌疾患である副腎皮質機能亢進症は、脳下垂体の腫瘍がその原因のほとんどですが、患者によって臨床症状が異なる複雑な疾患です。この腫瘍に対する唯一の根治的治療法となる経蝶形骨下垂体切除術による治療法や、下垂体の腫瘍発生機構について研究しています。また、近年の犬猫の寿命長化により増えつつある様々な腫瘍疾患の外科的治療法についても研究しています。
研究課題 1. 敗血症性ショックの病態及び治療に関する研究
2. 手術侵襲に対する生体反応に関する研究
3. 下垂体切除後の犬の尿崩症様症状に関する研究
4 下垂体圧迫モデル動物を用いた下垂体腺腫におけるホルモン産生態度に関する研究
トピックス
研究業績 Okano S., Watanabe A., Higuchi S. Effect of olprinone (phosphodiesterase inhibitor) on hemodynamics in dogs with Dirofilaria immitis-infection. J. Comp. Clin. Med. 17:14-18. 2009.

Okano S., Tomori S., Higuchi S. Effect of L-canavanine, an inhibitor of inducible nitric oxide synthase, on septic shock in dogs. J. Comp. Clin. Med. 15:30-33. 2007.

Taoda T., Hara Y., Takekoshi S., Itoh J., Teramoto A., Osamura RY., Tagawa M. Effect of mitotane on pituitary corticotrophs in clinically normal dogs. Am. J. Vet. Res. 67(8):1385-94. 2006.

Okano S., Hurley D.J., Bergh M.S., Vandenplas M.L., Budsberg S.C., Moore J.N. Optimization of conditions for in vitro production of radical oxygen species and expression of tissue factor by canine mononuclear cells and granulocytes for use in high-throughput assays. Vet. Immunol. Immunopathol. 112: 234-242. 2006.

Okano S., Hurley D.J., Vandenplas M.L., Moore J.N. Effect of fetal bovine serum and heat-inactivated fetal bovine serum on expression of procoagulant activity by equine and canine mononuclear cells in vitro. Am. J. Vet. Res. 67: 1020-1024. 2006.

Taoda T., Hara Y., Masuda H., Nezu Y., Sanno N., Teramoto A., Takekoshi S., Osamura RY., Tagawa M. Functional and morphological changes in the hypothalamus-pituitary posterior lobe system after hypophysectomy in the dog. J. Vet. Med. Sci. 68(1):1-7. 2006.

Okano S., Higuchi S. Effects of polymyxin B on parvoviral enteritis: Blood endotoxin levels in a preliminary experiment. J. Comp. Clin. Med. 10:17-19. 2002.

Okano S., Yoshida M., Fukushima U., Higuchi S., Takase K., Hagio M. Usefulness of systemic inflammatory response syndrome criteria as an index for prognosis judgement. Vet. Rec. 150: 245-246. 2002.
備考
所在 小動物診療センター 3階
連絡先 tel : 0176-23-4371(内線861, 862)