北里大学 獣医学部 獣医学科 研究室

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

獣医学科 獣医放射線学研究室

トップ 学科・大学院案内 獣医学科獣医学科 獣医放射線学研究室

生体機構系 獣医解剖学研究室獣医生理学研究室
獣医生化学研究室獣医薬理学研究室
毒性学研究室獣医病理学研究室
実験動物学研究室
予防衛生系 獣医微生物学研究室人獣共通感染症学研究室
獣医伝染病学研究室獣医衛生学研究室
獣医公衆衛生学研究室獣医寄生虫学研究室
臨床系 獣医臨床繁殖学研究室大動物臨床学研究室
小動物第1内科学研究室小動物第2内科学研究室
小動物第1外科学研究室小動物第2外科学研究室
獣医放射線学研究室

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウ で開きます。

研究室名(フリガナ) 獣医放射線学(ジュウイホウシャセンガク)
学科 獣医学科
臨床系
研究室URL
スタッフ [教   授] 夏堀 雅宏
[准教授] 和田 成一
[講   師] 柿崎 竹彦
研究内容 画像診断では放射線を利用するため,その安全取扱のための放射線防護に関わる調査・研究,動物の放射性物質や放射性医薬品の体内動態,動物の核医学検査のについてその特徴を明らかにすることによって検査を最適化すること,培養された株化細胞に対する放射線の影響とそれにかかわる様々な因子を明らかにすることで動物の放射線治療の最適化に繋がる基礎研究,そして福島原発事故に関わる環境放射能や家畜の被ばく調査を含む復興支援研究を行っています。
研究課題 1. 画像診断に関わる放射線防護
2. 放射性物質・放射性医薬品の体内動態
3. 動物の核医学検査の特徴とその最適化
4. 動物の放射線治療の最適化に関わる基礎研究
5. 福島原発事故に関わる復興支援研究
トピックス アイソトープ・放射線研究発表会若手優秀講演賞受賞(2年連続)
研究業績

[学術論文]
1) Todaka A, Toyoda S, Natsuhori M, Okada K, Sato I, Sato H, and Sasaki J. 2020, ESR assessment of tooth enamel dose from cattle bred in areas contaminated due to the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident Radiation Measurements DOI: 10.1016/j.radmeas.2020.106357
2) Sato I, Sasaki J, Satoh H, Natsuhori M, Murata T, and Okada K. 2020, Significant DNA damage was not detected in cattle living in the "difficult-to-return zone" of the Fukushima nuclear accident
3) Sasaki J, Uehara M, Sato I, Satoh H, Deguchi Y, Chida H, Natsuhori M, Murata T, Ochiai K, Otani K, Okada K, Ito N. 2019, Pathological characteristics of thyroid glands from Japanese Black Cattle living in the restricted area of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident Anim. Sci. J. 2019 90; 1333-1339
4) Sato I, Sasaki J, Satoh H, Natsuhori M, Murata T, Okada K. 2018, Comparison of urine and blood as a convenient and practical sample for estimating the contamination level of live cattle with radioactive cesium Anim. Sci.J 2019;00:1–6.
5) Toyoda S, Murahashi M, Natsuhori M, Ito S, Ivanikov A, Todaka A. 2019, Retrospective ESR reconstruction of cattle tooth enamel doses from the radioactive nuclei released by the accident of Fukushima Dai-ichi atomic power plants Radiation Protection Dosimetry, ncz037  (2019.5)
6) Sato I, Sasaki J, Satoh H, Deguchi Y, Chida H, Natsuhori M, Otani K, Okada K. 2018 Decreased blood cell counts were not observed in cattle living in the “difficult-to-return zone” of the Fukushima nuclear accident Anim. Sci.J 2018;00:1–7. https://doi.org/10.1111/asj.13122
7) Park CH, Shiwa N, Kimitsuki K, Kakizaki T, Watanabe D.  2018, Cervical ganglioneuroblastoma in a new born Japanese Black calf. J. Vet. Med. Sci. 80: 755-759.
8) Sasaki J, Hiratani K, Sato I, Satoh H, Deguchi Y, Chida H, Natsuhori M, Murata T, Ochiai K, Otani K, Okada K, Ito N 2017 Pathological findings of Japanese Black Cattle living in the restricted area of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, 2013–2016 Anim. Sci. J. 88(12), 2084-2089 (2017.12)
9) Wada S, Ito N, Watanabe M, Kakizaki T, Natsuhori M, Kawamata J, Urayama Y. 2017 Whole-body counter evaluation of internal radioactive cesium in dogs and cats exposed to the Fukushima nuclear disaster. Plos one, 12(1): e0169365. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0169365
10) Sato, I., Natsuhori, M., Sasaki, J., Satoh, H., Murata, T., Nakamura, T., Otani, K., Okada, K. 2016 Local variation of soil contamination with radioactive cesium at a farm in Fukushima. Jpn. J. Vet. Res. 64: 95-99.
11) Hashimoto O, Ohtsuki H, Kakizaki T, Amou K, Sato R, Doi S, Kobayashi S, Matsuda A, Sugiyama M, Funaba M, Matsuishi T, Terasawa F, Shindo J, Endo H. Brown Adipose Tissue in Cetacean Blubber. PLoS One. 2015 10(2):e0116734.
12) Matsumoto Y, Hamada N, Aoki-Nakano M, Funayama T, Sakashita T, Wada S, Kakizaki T, Kobayashi Y, Furusawa Y. Dependence of the Bystander Effect for Micronucleus Formation on Dose of Heavy-Ion Radiation in Normal Human Fibroblasts. Radiat. Prot. Dosimetry. 2015 166: 152-6.
13) Iwai S, Okano S, Chikazawa S, Kakizaki T, Sakonju I, Solomon JA. 2015, Transcatheter Arterial Embolization for Treatment of Hepatocellular Carcinoma in a Cat. J. Am. Vet. Med. Assoc. 247: 1299-302.

[著書]
1) Natsuhori M. (分担執筆)2019.12. Chapter 13 Preliminary Study on Electron Spin Resonance Dosimetry Using Affected Cattle Teeth Due to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident. In “Low-Dose Radiation Effects on Animals and Ecosystems: Long-Term Study on the Fukushima Nuclear Accident” Fukumoto M (ed) ISBN 978-981-13-8217-8 Springer Open
2) 夏堀雅宏 2019.1 X線検査マスタープログラム〜整形放射線学編〜医療情報研究所
3) 夏堀雅宏(分担執筆) 2019.7.「第7章 放射線療法」獣医腫瘍学テキスト 第2版 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医認定委員会委員長 呰上大吾 監修 pp.209-231ファームプレス
4) 夏堀雅宏(分担執筆)第五章 放射線診断装置 第七章 放射線防護と関連法規2018. 12.4. 獣医学モデル・コア・カリキュラム準拠 放射線生物学(第二版) 獣医放射線学教育研究会 編 近代出版
5) 夏堀雅宏 2018.10 X線検査マスタープログラム〜造影検査・泌尿器編〜医療情報研究所
6) 夏堀雅宏 2018.8 X線検査マスタープログラム〜造影検査・消化器編〜医療情報研究所
7) 夏堀雅宏(分担執筆)第五章 放射線診断装置 第七章 放射線防護と関連法規2015. 3. 獣医学モデル・コア・カリキュラム準拠 放射線生物学 獣医放射線学教育研究会 編 近代出版
8) 夏堀雅宏(分担執筆) 2015. 2.「犬の鼻腔内腫瘍に対する酵素標的・増感放射線療法KORTUCの応用例」 新しい酵素標的・増感放射線療法 KORTUCの基礎と臨床 山下孝監修 小川恭弘 編著 pp.154-160 篠原出版新社

備考
所在 付属動物病院3階
連絡先 tel : 0176-24-4371 (ext. 488)