受験生
進学相談会へ

スタッフ

動物行動学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

・ミニチュアホースを用いた動物介在療法の評価 ・産業動物および家庭動物のウェルフェアおよびストレス応答の評価 ・動物園動物における環境エンリッチメントの評価とその基礎となる行動生態の解明 ・家庭犬と盲導犬におけるアイトラッカーを用いた視覚注視様式の解明

トピックス

当研究室では6頭のウマを飼育しています。ウマはヒトと一緒に仕事をする動物であり、毎日の適切な世話やトレーニングによってはじめて取り扱い易さが向上します。ウマの日常管理を通して、動物行動学を深く学ぶとともに、動物飼育に必要な責任感を身に着けてほしいと考えています。

研究業績

・Ogura T, Maki M, Nagata S, Nakamura S. 2020. Dogs (Canis familiaris) gaze at our hands: a preliminary eye-tracker experiment on selective attention in dogs. Animals, 10: 755.

・志賀保夫, 松浦晶央, 畔柳 正, 小林裕志. 2020. アニマルウェルフェアに関する知識が消費者の牛肉購買意向に与える影響. 日本畜産学会報. 印刷中

・Matsuura A, Aiba N, Yamamoto H, Takahashi M, Kido H, Suzuki T, and Bando Y. 2020. Stroking a real horse versus stroking a toy horse: Effects on the frontopolar area of the human brain. Anthrozoös. in press.

・小倉匡俊, 近藤沙紀, 中尾小百合, 河村あゆみ, 福泉洋樹, 岡部光太. 印刷中. 混合展示におけるアミメキリンとグレビーシマウマの異種間関係の出産前後での比較. 2020. Animal Behaviour and Management(動物の行動と管理学会誌), 56: 8-17.

・Ake K, Ogura T, Kaneko Y, and Rasmussen GSA. 2019. Automated photogrammetric method to identify individual painted dogs (Lycaon pictus). Zoology and Ecology, 29: 103-108.

・Ogura T, Nakayama T, Yamabe K, Shigeno H, Tani Y, Yugawa M, Shibata E, Miyakawa E, and Ohata M. 2019. Koalas (Phascolarctos cinereus) utilise volatile compounds to choose preferred Eucalyptus leaves. Journal of Zoo and Aquarium Research, 7: 94-101.

・Matsuura A, Inoue S, Irimajiri M, and Hodate K. 2018. Maximum permissible load for Kiso horses trotting over a short, straight course. Animal Science Journal, 89: 232-236.

・田中愛, 小倉匡俊. 2018. 日本の動物園における高齢レッサーパンダの飼育管理の調査. 動物園水族館雑誌, 60: 10-17.

・安家叶子, 小倉匡俊, 金子弥生. 2018. 人間の目視によるリカオン特有の模様を用いた個体識別法に影響を与える要因の検討. フィールドサイエンス, 16: 1-7.

・Tanaka A, and Ogura T. 2018. Current husbandry situation of red pandas in Japan. Zoo Biology, 37: 107-114.

・小倉匡俊, 池田秀俊, 小林郁美, 西川夏実, 阿部弘, 八巻明彦, 佐藤喜伸, 田山麗, 安曇正晃, 永倉頌子, 小野寺順也. 2017. ニホンザルにおける三次元的な空間利用を促す環境エンリッチメントの評価. 動物園水族館雑誌, 59: 27-34.

・Ono, A., Matsuura, A., Yamazaki, Y., Sakai, W., Watanabe, K., Nakanowatari, T., Kobayashi, H., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2017. Influence of riders’ skill on plasma cortisol levels of horses walking on forest and field trekking courses. Animal Science Journal, 88: 1629–1635.

・里見匠望, 松浦晶央. 2017. 電気牧柵での管理がウマの血漿中コルチゾール濃度、心拍数および心電図RR間隔変動の概日リズムと放牧時の行動に及ぼす影響. 東北畜産学会報, 66: 65-71.

・Matsuura, A., Maruta, H., Iwatake, T., Kumagai, T., Nakanowatari, T., and Hodate, K. 2017. The beneficial effects of horse trekking on autonomic nervous activity in experienced rider with no disability. Animal Science Journal, 88: 173–179.

・Matsuura, A., Mano, H., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2016. Maximum permissible load for Yonaguni ponies (Japanese landrace horses) trotting over a short and straight course. Animal Welfare. 25: 151-156.

所在・連絡先

V1号館3階

備考