受験生
進学相談会へ

スタッフ

動物生態学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

1)北東北の大型哺乳類(ニホンジカ)の管理に関する研究 2)野生動物(シカ、コウモリ、貝類)の遺伝的多様性に関する研究 3)希少鳥類の鳴き声(アカガシラカラスバト)に関する研究

トピックス

いずれの研究もこれまでに20年近い歴史があり,地域住民や地元の自然保護団体の方々と協力しながら進めています。特にビオトープの研究は,十和田市の開拓の歴史とも深いかかわりがあり,その市民活動は「未来遺産」として日本ユネスコ協会から認定されました。

研究業績

Okada, A., Inaba, M., Suzuki, H, Horikoshi, K., and Shindo, J. Genetic structure of the Bonin flying fox Pteropus pselaphon revealed by mitochondrial DNA and microsatellite markers. Acta Chiropterologica (in press)

Kubo, M. O., Minami, M., Higuchi, N., Ohnishi, N., Okada, A., Kaji, K., Ohba, T., Hosoi, E., Koizumi, T. and Takatsuki, S. (2013) Female sika deer evolved larger incisors than males under relaxed selection against rapid tooth wear. Biological Journal of the Linnean Society. 110: 384-397.

Okada, A., Ito, T. Y. Buuveibaatar, B., Lhagvasuren B., and Tsunekawa A. (2012) Genetic Structure of Mongolian Gazelle (Procapra gutturosa): The Effect of Railroad and Demographic Change. Mongolian Journal of Biological Sciences 10(1-2), 2012 :59-66

Kojo, N., Higuchi, N., Minami, M., Ohnishi, N., Okada, A., Takatsuki S., and Tamate H. B. (2012) Correlation between genetic diversity and neonatal weight of sika deer (Cervus nippon) fawns. Mammal Study 37 :11 –19.

Minami. M., Oonishi, N., Higuchi, N., Okada, A., Takatsuki, S. (2012) Costs of Parturition and Rearing in Female Sika Deer (Cervus nippon) Zoological Science 29:147 – 150

進藤順治、岡田あゆみ、箕輪一博、吉村 建(2011)昆虫食コウモリ3種(アブラコウモリ、ヒナコウモリおよびテングコウモリの舌の比較形態学的観察 日本野生動物医学会誌 13:51-54

岡田あゆみ、宮澤直樹、進藤順治(2010)青森県におけるシカの出没について 日本鹿研究 1: 9-12

Shindo, J., Okada, A. Hama, N., Yoshimura, K., Kageyama, I.(2009)Scanning elecgron microscopic study of lingual papillae in the Indian flying fox (Pteropus giganteus)  Jpn. J. Zoo Wildl. Med 14: 111-114

所在・連絡先

V7号館

0176-23 4371 (内線472)

備考