受験生
進学相談会へ

スタッフ

動物飼育管理学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

【基礎的研究】 1. 反すう動物の消化機能解明 採食行動や反すう行動の調節、前胃内恒常性の維持、胃運動性の調節、唾液の分泌など、生命維持・成長・生産に必須な機能について、それぞれの関連性や調節機構を明らかにする。 2. ヒツジの生産~子ヒツジの出生から成長まで 交配・分娩・授乳・離乳・固形飼料の摂取、成長にともなう消化機能(採食から排泄まで)の発達など、生産に関わる問題点を解明する。 3. ヒツジの離乳に伴うストレスの軽減 母子共に大きなストレスとなる離乳時のストレス軽減の方法を、ストレス指標物質や行動面から探る。 4. 家畜のハンドリング技術 家畜として飼育されている動物にとって、飼育者の扱い方(技術)は生活の質に大きく影響するため、より高いハンドリング技術を開発する。 【実用的研究】 1. 家畜の生産性向上に関する研究 熱環境が家畜に及ぼす影響評価と対策技術の検討、家畜の生産性に影響を及ぼす要因・問題点の抽出 2. 温暖化に対応するための家畜生産技術の確立 飼料給与面、飼養環境面からのアプローチによる暑熱の影響緩和技術の検討 3. 家畜の快適性に配慮した飼養管理技術に関する研究 ストレス反応による家畜の快適性評価、ストレスを軽減するための飼養管理技術の検討 4. ICT(情報通信技術)を応用した家畜生産技術の確立 生体センシング+ICTを活用した精密省力化管理技術の確立

トピックス

当研究室に所属した学生は卒業論文のための実験を遂行するとともに、1年間にわたり研究室で飼育する羊の世話を通じて「健康な動物」の維持・管理のための知識と技術を学びます。

研究業績

[学術論文]
・岩崎 翼,荒木祐二,山﨑 淳.小中学校における動物の取扱いに関する教科書分析.日本産業技術教育学会誌,第62巻 第1号:1-9,(2020)

・Nabenishi H, Kawakami S, Shimo S, Takeshita K, Yamazaki A, Suzuki K, 2019. Automated Detection of Estrous Behavior in Tie-Stall Using Barometer and Accelerometer. Journal of Reproduction and Development, 65: 91-95.

・Nabenishi H, Yamazaki A, 2019. A Cross-Regional Comparison of Growth Performance in Japanese Black Calves, Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ, 53, 143-148.

・Nabenishi H, Sugino F, Konaka R, Yamazaki A., 2018. Conception rate of Holstein and Japanese Black cattle following embryo transfer in southwestern Japan, Animal Science Journal, 89: 1073-1078.

・荒木祐二,猪啓弘,谷田親彦,加瀬裕也,東原貴志,山﨑 淳,久保田豊和. 技術科における「生物育成の技術」の教育内容研究. 日本産業技術教育学会誌,第60巻 第4号:171-179,(2018)

・荒木祐二,阿部千香子,山村瑞穂,久保田豊和,谷田親彦,東原貴志,山﨑 淳.2017. 中学校技術科の「水産生物の栽培」における生物生産の基礎概念に関する分析,技術科教育の研究,第22巻:9-16.

・Nabenishi, H., Kitahara, G., Takagi, S., Yamazaki, A., Osawa, T., 2017. Relationship between plasma anti-mullerian hormone concentrations during the rearing period and subsequent embryo productivity in Japanese black cattle, Domestic Animal Endocrinology, 60:19-24.

・Nabenishi, H., Yamazaki, A., 2017. Decrease in body surface temperature before parturition in ewes, Journal of Reproduction and Development, 63(2):185-190.

・Nabenishi, H., Yamazaki, A., 2017. Impaired reproduction in Japanese black cattle under cold environmental conditions, Reproduction in Domestic Animals, 1-5.

・Nabenishi, H., Yamazaki, A., 2017. Effects of temperature-humidity index on health and growth performance in Japanese black calves, Tropical Animal Health and Production, 49:397-402.

・Tomohiro Yonezawa1, Kohei Sato, Mona Uchida, Naoaki Matsuki and Atusi Yamazaki., 2017. Presence of contagious yawning in sheep, Animal Science Journal, 88:195-200.

・荒木祐二,飯島恵理,大谷 忠,谷田親彦,安藤明伸,入江 隆,上野耕史,中西康雅,東原貴志,山﨑 淳,久保田豊和.2016.学校技術科の生物育成教育における生物生産の基礎概念に関する分析.技術科教育の研究,第21巻:1-9.

・長谷川 剛,山﨑 淳. 2015. ニワトリの屠殺方法における炭酸ガス麻酔とペントバルビタール麻酔の比較.日本家禽学会誌 第52巻 第J2号:J43-J47, 2015.10.

・Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Suzuki, Y., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y. and Hodate, K., 2014. Plasma cortisol and prolactin secretion rhythms in cattle under varying external environments and management techniques. Anim. Sci. J. 85: 58-68.

・Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Takahashi, H., Komatsu, T., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y. and Hodate, K., 2013. Biological rhythms related to metabolism in Japanese Shorthorn cattle under varying environments and management techniques. Anim. Sci. J. 84: 513-526.

・Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y. and Hodate, K., 2013. Plasma melatonin secretion rhythms in cattle under varying seasonal conditions. Anim. Sci. J. 84: 253-257.

・Matsuura, A., Irimajiri, M., Matsuzaki, K., Hiraguri, Y., Nakanowatari, T., Yamazaki, A. and Hodate, K. 2013. Method for estimating maximum permissible load weight for Japanese native horses using accelerometer-based gait analysis. Anim. Sci. J. 84: 75-81.

所在・連絡先

V1号館2階

電話:0176-23-4371、内線:411, 412

備考