受験生
進学相談会へ

スタッフ

環境解析学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

1)生物生産分野におけるリモートセンシングの利活用に関する研究 2)農業分野におけるユーグレナの利活用に関する基礎研究 3)家畜排せつ物の藻類および菌類による再資源化 4)量子化学による生体高分子の構造と機能の解明 5)有機的管理実践牧場における草地植生が牛の採食行動に及ぼす影響

トピックス

研究業績

中坪あゆみ,田中勝千・三谷 歩,石岡義則,杉浦俊弘,皆川秀夫,嶋田 浩.(印刷中).航空機リモートセンシングによるハイパースペクトルデータを用いた飼料用トウモロコシ(Zea mays L.)の収量と飼料成分含有率の推定.日本草地学会誌.

中坪あゆみ,田中勝千,三谷 歩,石岡義則,杉浦俊弘,皆川秀夫,嶋田 浩.(2013).採草地を対象とした航空機リモートセンシングによるエゾノギシギシ(Rumex obtusifolius L.)現存量の判別.日本草地学会誌.59:175-183.

中坪あゆみ,田中勝千,杉浦俊弘,加藤 亘,三谷 歩,石岡義則,嶋 栄吉,嶋田 浩.

(2011) 航空機ハイパースペクトルセンサを用いた飼料用トウモロコシ(Zea mays L.)畑の植生指数と生育量との関係,日本草地学会誌57(1),34-38

Minagawa, H, Sato, M., Sano, K. and Hirabayashi, T. 2010. Mushroom cultivation on the substrate made of goat feces and supplementary hay. Eco-Engineering. 22(2): 63-68.

Minagawa, H., Doi, T., Sakata, H. and Nagai, M. 2010. Mushroom cultivation on the substrates with different animal feces and supplementary hay combinations. Eco-Engineering. 22(2): 69-75.

鈴木由美子,岡本博史,平田聡之,片岡 崇,柴田洋一. (2010) ハイパースペクトル画像解析によるカバークロップ圃場の構成草種および草量の空間分布推定,農作業研究,45(2):99-109.

鈴木公人,嶋 栄吉,嶋田 浩,田中勝千,眞家永光(2010). 多時期の空中写真から作成された数値表層モデルを用いた放牧草地における土壌侵食の地形解析 写真測量とリモートセンシング49, 219-226.
鈴木由美子,田中勝千,加藤 亘,岡本博史,片岡 崇,嶋田 浩,杉浦俊弘,嶋 栄吉.(2009) 牧草成分推定に向けたハイパースペクトルイメージングセンサ利用技術,日本草地学会誌,54(4): 328-331.

所在・連絡先

V7号館

備考