受験生
進学相談会へ

スタッフ

食品機能安全学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

・畜産物由来ペプチドの保健的機能 ・メイラード反応により生成する香気成分の働き ・骨格筋特性に影響をおよぼす食品成分の探索 ・食肉の呈味性と筋線維タイプに関する研究 ・ニワトリ骨格筋の諸特性に関する研究

トピックス

・小宮佑介講師が日本畜産学会奨励賞を受賞しました。受賞内容:食品成分による骨格筋の特性変化に関する研究。2020年3月26日。 ・これまでに得られた研究成果を「オレイン酸を用いた遅筋増加剤および持久力向上剤」として、特許出願しました(特願2020-75569)(小宮佑介、有原圭三)。2020年4月21日。 ・大学院生の横山壱成くん(D2)が第69回東北畜産学会大会で優秀発表賞を受賞しました。受賞課題:日本短角種牛の放牧飼養は加熱時に生成する後期成分DMHFを増加させる。2019年8月28日。 ・大学院生の横山壱成くん(M2)が第59回日本食肉研究会大会で優秀発表賞を受賞しました。受賞課題:食肉の加熱調理によるメイラード反応生成香気(DMHF)の保健的作用。2018年3月30日。 ・小宮佑介講師が日本畜産学会第124回大会でEnglish Presentation Awardを受賞しました。受賞課題:Dietary olive oil shows lower body fat gain and improves running endurance. 2018年3月29日。 ・大学院生の横山壱成くん(M2)が第67回東北畜産学会大会で優秀発表賞を受賞しました。受賞課題:アルギニンと還元糖の加熱により生成する香気の血圧降下作用。2017年8月28日。 ・有原圭三教授が優れた論文査読者に贈られるThe 2017 Award for Excellence in Reviewing for Animal Science Journal in 2016を受賞しました。 ・私たちの研究成果を積極的に社会に役立てるために、2007年6月に北里大学発ベンチャー企業(株式会社フード・ペプタイド、代表取締役:有原圭三)を設立しました。現在、この会社は、保健的機能性や嗜好性に優れた食品・ペットフード素材(ペプチド性素材)の提供を主な業務としています。

研究業績

[学術論文]
(2020)
・Yokoyama I, Nakai Y, Suzuki Y, Ohata M, Komiya Y, Nagasao J, Arihara K. 2020. 「DMHF (2,5-dimethyl-4-hydroxy-3(2H)-furanone), a volatile food component generated by the Maillard reaction, promotes appetite and changes gene expression in the rat brain through inhalation」. J Food Sci 85(4). doi: 10.1111/1750-3841.15102

・Watanabe N, Komiya Y, Sato Y, Watanabe Y, Suzuki T, Arihara K. 2020. 「Oleic acid up-regulates myosin heavy chain (MyHC) 1 expression and increases mitochondrial mass and maximum respiration in C2C12 myoblasts」. BBRC 525: 406-411. doi.org/10.1016/j.bbrc.2020.02.099

・Suzuki R, Sato Y, Obeng KA, Suzuki D, Komiya Y, Adachi S, Yoshizawa F, Sato Y. 2020. 「Energy metabolism profile of the effects of amino acid treatment on skeletal muscle cells: Leucine inhibits glycolysis of myotubes」. Nutrition 77. doi.org/10.1016/j.nut.2020.110794

(2019)
・Arihara K, Yokoyama I, Ohata M. 2019. 「DMHF (2,5-dimethyl-4-hydroxy-3 (2H)-furanone), a volatile food component with attractive sensory properties, brings physiological functions through inhalation」. Advances in Food and Nutrition Research 89 (chapter6). doi.org/10.1016/bs.afnr.2019.05.001

・Komiya Y, Kobayashi C, Uchida N, Otsu S, Tanio T, Yokoyama I, Nagasao J, Arihara K. 2019. 「Effect of dietary fish oil intake on ubiquitin ligase expression during muscle atrophy induced by sciatic nerve denervation in mice」. Anim Sci J 90: 1018-1025.
doi: 10.1111/asj.13224

・Komiya Y, Nakamura T, Ishii M, Shimizu K, Hiraki E, Kawabata F, Nakamura M, Tatsumi R, Ikeuchi Y, Mizunoya W. 2019. 「Increase in muscle endurance in mice by dietary Yamabushitake mushroom (Hericium erinaceus) possibly via activation of PPARδ」. Anim Sci J 90: 781-789. DOI: 10.1111/asj.13199

(2018)
・Nakada H, Ohata M, Hosaka M, Ochi H, Abe F, Arihara K. 2018. 「Investigation of potent odorants generated during the production of whey protein hydrolysates」. Anim Sci J 89: 1348-1345. DOI: 10.1111/asj.13056

・Abdallah R, Moustafa NY, Kirrella GAK, Al-Hawary II, Komiya Y, Arihara K. 2018. 「Effect of NaCl reduction and substitution with KCl on behavior and functional characteristics of Lactobacillus Rhamnosus ferm P-15120 in fermented beef sausage」. The J Anim Plant Sci 28(3): 744-753.

・Zhou L, Ohata M, Owashi C, Nagai K, Yokoyama I, Arihara K. 2018.
Odors generated from the Maillard reaction affect autonomic nervous activity and decrease blood pressure through the olfactory system. J Sci Food Agric 98(3): 923-927. DOI 10.1002/jsfa.8538

(2017)
・Arihara K, Zhou L, Ohata M. 2017. 「Bioactive properties of Maillard reaction products generated from food protein-derived peptides」. Advances in Food and Nutrition Research 81 (chapter5). doi.org/10.1016/bs.afnr.2016.11.005

・Arihara K, Komiya Y. 2017.「Bioactive properties of peptides generated from meat proteins」. Advanced Technologies for Meat Processing, 2nd Edition: (Chapter12: 371-402).

・Komiya Y, Sawano S, Mashima D, Ichitsubo R, Nakamura M, Tatsumi R, Ikeuchi Y, Mizunoya W. 2017. 「Mouse soleus (slow) and muscle shows greater intramyocellular lipid droplet accumulation than EDL (fast) muscle: fiber type-specific analysis」. Journal of Muscle Research and Cell Motility 38: 163-173. DOI 10.1007/s10974-017-9468-6

所在・連絡先

V1号館4階

備考