受験生
進学相談会へ

スタッフ

小動物第2内科学研究室

のスタッフ

教員名をクリックすると「教員プロフィール」が別ウィンドウで開きます。
external link

研究課題

1.ぶどう膜炎、白内障と緑内障に関する基礎ならびに臨床応用研究 2.角膜再生に関する基礎ならびに臨床応用研究 3.臓器再生に関する基礎研究

トピックス

直近5年間のトピックス (1)研究室メンバーについて 2020年4月より大高 裕也 君が大学院生として研究室のメンバーとなりました。 2019年3月に佐藤 和昭 君が大学院を卒業し、獣医学博士を取得しました。 2018年4月より喜多 瑞樹 君が大学院生として研究室のメンバーとなりました。 2020年4月現在、教員2名、大学院生2名、研究生1名、学部学生12名で研究室が構成されています。 (2)受賞 ・2019年に大学院生の喜多 瑞樹 君が演題「犬の特発性慢性角膜上皮欠損症に対し滅菌綿棒をもちいた上皮デブリードメント処置を繰り返し実施した際の治癒率に関する検討」にて東北地区獣医師大会で学会奨励賞を受賞しました。 ・2018年に田島 一樹 先生が演題「レバミピドの結膜におけるTNF-α産生抑制とマクロファージ遊走の抑制効果」にて社団法人あにまるすまいるより学術奨励賞を受賞しました。 ・2017年に当研究室の研究生をされている山下 洋平 先生(エビス動物病院(宮城県仙台市))が演題「後嚢破損を伴う裂孔原性網膜剥離眼に対し硝子体手術を実施した犬の一例」にて東北地区獣医師大会で地区学会長賞を受賞しました。 ・2017年に当研究室の研究生をされている福井 毬華 先生(NOSAI 青森家畜診療所)が 演題「Dandy-Walker Syndrome様奇形がみられた新生子牛1症例」にてNOSAI東北地区大会賞を受賞しました。 ・2017年に大学院生の佐藤 和昭 君が研究課題「イヌの実験的ぶどう膜炎モデルにおける房水中の新規炎症性メディエーターの探求による病態形成機構の解明」にて笹川科学研究助成から助成金交付を受けました。 ・2016年に田島 一樹 先生が研究課題「自己生体臓器骨格を利用した新しいin situ 肝再生法の確立」にて慶應義塾大学医学部から研究奨励賞を受賞しました。 ・2016年に田島 一樹 先生が東京医科大学眼科学分野から同窓会賞を受賞しました。 ・2016年に田島 一樹 先生が演題「病原遺伝子の網羅的検索による多剤耐性緑膿菌の病原性解析」にて日本角膜学会で最優秀ポスター賞(内田賞)を受賞しました。 (3)特別講演 ・2020年に田島 一樹 先生が講演名「獣医眼科臨床における再生医療技術の応用とその将来」にて日本獣医再生医療学会で招待講演を行いました。 ・2019年に田島 一樹 先生が講演名「猫の三頭に一頭は腎不全-脱細胞化臓器骨格を利用した腎臓再生への挑戦-」にて日本再生医療学会で招待講演を行いました。 ・2018年に金井 一享 先生が講演名「ぶどう膜炎の新たな治療法」にて日本獣医眼科カンファランスで招待講演を行いました。

研究業績

直近20報 (2020.4-)
<2020>
・Minami M, Seiriki R, Otake H, Nakazawa Y, Kanai K, Tanino T and Nagai N. 2020. Development of sustained-release ophthalmic formulation based on tranilast solid nanoparticles. Materials (Basel). 2020 Apr 3;13(7):1675.  
・Tajima K, Kuroda K, Otaka Y, Kinoshita R, Kita M, Oyamada T and Kanai K. 2020. Decellularization of canine kidney for three-dimensional organ regeneration.Vet World. Mar;13(3):452-457.
・Nagai N, Ishii M, Seiriki R, Ogata F, Otake H, Nakazawa Y, Okamoto N, Kanai K and Kawasaki N. 2020. Novel sustained-release drug delivery system for dry eye therapy by rebamipide nanoparticles. Pharmaceutics. Feb 14;12(2):155.
・喜多瑞樹、金井一享、能美君人、佐藤和昭、山下洋平、田島一樹. 2020. 結膜扁平上皮癌の摘出後に角膜および結膜への腫瘍播種が疑われた症例をマイトマイシンCの点眼処置と凍結処置で治療した犬の1例. 動物臨床医学.
<2019>
・Sato K, Iwasaki K, Nagai N, Yamashita Y, Chikazawa S, Hoshi F and Kanai K. 2019. Comparison of early posttreatment effects of two steroidal anti-inflammatory ophthalmic drugs on the ocular inflammatory response induced by paracentesis in healthy canine eyes. Vet Ophthalmol. Sep;22(5):607-613.
・Shimoda H, Yagi H, Higashi H, Tajima K, Kuroda K, Abe Y, Kitago M, Shinoda M, Kitagawa Y. 2019. Decellularized liver scaffolds promote liver regeneration after partial hepatectomy. Sci Rep. Aug 29;9(1):12543.
・Wakabayashi T, Yagi H, Tajima K, Kuroda K, Shinoda M, Kitago M, Abe Y, Oshima G,Hirukawa K, Itano O, Kitagawa Y. 2019. Efficacy of New Polylactic Acid Nonwoven Fabric as a Hemostatic Agent in a Rat Liver Resection Model. Surg Innov. Jun 26(3):312-320.
・Nagai N, Iwai Y, Deguchi S, Otake H, Kanai K, Okamoto N and Shimomura Y. Therapeutic Potential of a Combination of Magnesium Hydroxide Nanoparticles and Sericin for Epithelial Corneal Wound Healing. Nanomaterials (Basel). May 19;9(5):768.
・Sato K, Kanai K, Ozaki M, Kagawa T, Kita M, Yamashita Y, Nagai N and Tajima K. 2019. Preventive effects of tyrosol, a natural phenolic compound, on anterior uveitis induced by anterior chamber paracentesis in healthy beagle dogs. J Vet Med Sci. Apr 16;81(4):573-576.
・Narimatsu A, Hattori T, Koike N, Tajima K, Nakagawa H, Yamakawa N, Usui Y, Kumakura S, Matsumoto T and Goto H. 2019. Corneal lymphangiogenesis ameliorates corneal inflammation and edema in late stage of bacterial keratitis. Sci Rep. Feb 27;9(1):2984.
<2018>
・Watanabe M, Yano K, Okawa K, Yamashita T, Tajima K, Sawada K, Yagi H, Kitagawa Y, Tanishita K and Sudo R. 2018. Construction of sinusoid-scale microvessels in perfusion culture of a decellularized liver. Acta Biomater. Dec 26. S1742-7061(18)30767-0.
・Inomata K※, Tajima K※, Yagi H, Higashi H, Shimoda H, Matsubara K, Hibi T, Abe Y, Tsujikawa H, Kitago M, Shinoda M, Obara H, Itano O, Soto-Gutierrez A and Kitagawa Y. 2018. A Pre-Clinical Large Animal Model of Sustained Liver Injury and Regeneration Stimulus. Sci Rep. Oct 9;8(1):14987. ; ※Equally contribute.
・Tajima K, Yagi H and Kitagawa Y. 2018. Human-Scale Liver Harvest and Decellularization for Preclinical Research. Methods Mol Biol. Sep 6 1577:327-335.
・Nagai N., Yamaoka S., Fukuoka Y., Ishii M., Otake H., Kanai K., Okamoto N. and Shimomura Y. 2018. Enhancement in corneal permeability of dissolved carteolol by its combination with magnesium hydroxide nanoparticles. Int J Mol Sci. Jan 17;19(1):282.
<2017>
・Nagai N., Ogata F., Otake H., Kawasaki N., Nakazawa Y., Kanai K., Okamoto N. and Shimomura Y. 2017. Co-instillation of nano-solid magnesium hydroxide enhances corneal permeability of dissolved timolol. Exp Eye Res. Dec;165:118-124.
・Tajima K, Hattori T, Takahashi H, Katahira H, Narimatsu A, Kumakura S, Goto H. 2017. Rebamipide suppresses TNF-α production and macrophage infiltration in the conjunctiva. Vet Ophthalmol. 2018 Jul;21(4):347-352.
・Takagi C, Yagi H, Hieda M, Tajima K, Hibi T, Abe Y, Kitago M, Shinoda M, Itano O, Kitagawa Y. 2017. Mesenchymal Stem Cells Contribute to Hepatic Maturation of Human Induced Pluripotent Stem Cells. Eur Surg Res. 58(1-2):27-39.
・Nagai N, Nakazawa Y, Ito Y, Kanai K, Okamoto N, Shimomura Y. 2017. A Nanoparticle-Based Ophthalmic Formulation of Dexamethasone Enhances Corneal Permeability of the Drug and Prolongs Its Corneal Residence Time. Biol Pharm Bull. 40(7):1055-1062.
<2016>
・ Sato K, Mihara Y, Kanai K, Yamashita Y, Kimura Y and Itoh N. 2016. Relative potency of tyrosol in the treatment of endotoxin-induced uveitis in rats. J Vet Med Sci. Nov 1;78(10):1631-1634.
・Katsuki Y, Yagi H, Okitsu T, Kitago M, Tajima K, Kadota Y, Hibi T, Abe Y, Shinoda M, Itano O, Takeuchi S and Kitagawa Y. 2016. Endocrine pancreas engineered using porcine Islets and partial pancreatic scaffolds. Pancreatology. Sep-Oct 2016;16(5):922-930.

所在・連絡先

V10号館 4階

備考

国内において獣医眼科学を専門とする教員がいる大学は少ないですが、当研究室は国内唯一の獣医眼科を専門とする専任教員が2名いる研究室です。 大学院生、研究生は随時募集しております。研究に興味のある方、獣医眼科専門医取得を目指している方はご連絡ください。