獣医学科

興味のある分野との出会い

現在は仙台市のエビス動物病院で勤務医として、狂犬病やフィラリア予防などの1次診療をはじめ眼科の2次診療まで幅広く診察しております。眼科に力を入れている病院で、顕微鏡を用いた白内障の手術や網膜剥離の手術など助手に入ることで眼科の専門について学んでおります。


3年目になったこともあり、避妊去勢などの手術だけでなく義眼や眼瞼腫瘤の手術などは自ら執刀することで経験を積んでおります。


私が眼科という分野に興味を持ったのは、大学時代の研究室がきっかけです。


第二内科研究室では、週に1回眼科の診察の補助や手術の器具出しなどをしていました。眼が白くなってきたという主訴であっても、何処に原因があるのかで全然違ってくる。角膜上皮の欠損なのか、角膜内皮のジストロフィーなのか、または水晶体の前嚢や後嚢の白内障なのか、水晶体の核の核硬化症なのかといった同じ眼が白くなるといった症状には様々な原因があるのだということに感銘を受け、もっと詳しくなりたいと思い、出身の大阪とは程遠い仙台での眼科を専門とする病院で働くきっかけとなりました。


いまでは、そのきっかけがモチベーションとなり臨床獣医師として目指していく方針になったように思います。



獣医学部では十和田という自然の豊かなところで、色々な経験や出会いがありその中でこれからの人生のきっかけが自然と決まっていくように感じます。みなさんも十和田での5年間を過ごしてみてください。

獣医学科

卒業生の声

More Stories