北里大学 獣医学部 教員募集

北里大学獣医学部

  • トップ
  • 学部案内
  • 学科・大学院案内
  • 入試ガイド
  • 就職・進学情報
  • 授業情報
  • キャンパスライフ
  • 附属施設

北里大学 獣医学部 生物環境科学科教員(水域環境学系教授)募集要領

トップ 教員募集北里大学 獣医学部 生物環境科学科教員(水域環境学系教授)募集要領

2018年11月1日

各関係学部長 殿
各関係機関長 殿

北里大学獣医学部長 高井 伸二
(公印省略)

水域環境学系教授の公募についての公募について(依頼)

拝啓 時下ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
  さて,本学部生物環境科学科では下記により教員の公募をいたしますので,ご多用中まことに恐縮ですが,関係各位にご周知下さるようお願い申し上げます。なお,貴機関以外で適任者をご存知の節は,併せてご周知下さるようお願い申し上げます。

敬具

北里大学獣医学部 生物環境科学科教員(水域環境学系教授)募集要領

 1.勤務組織:
[学  部]獣医学部 生物環境科学科 水域環境学系(水圏環境学,陸水循環学)

[大学院]獣医学系研究科 生物環境科学専攻修士課程,動物資源科学専攻博士後期課程
 2.職   位: 教授
 3.募集人員: 1名
 4.雇用形態: 任期制
(任期は就任日から2024年3月31日まで,ただし審査により再任可)
 5.就任予定日: 2019年4月1日以降のなるべく早い時期
 6.教育研究分野
1) 専門分野: 自然との共生に関わる水域環境学分野
水を中心とした教育・研究を担当でき,とくに水理学・水文学を基礎とした研究に積極的に取り組み,技術者教育に理解のある方
2) 担当授業科目

[学  部]

水環境学,水環境学実験,水理学,水文学,
土地利用計画学,測量学 II ,測量学実習 II 

[大学院]

生物環境科学専攻(修士課程)水環境学特論,同特別実験実習
動物資源科学専攻(博士後期課程)生物環境修復学特別講義,同特別演習

※ 採用された方の専門性を考慮した担当科目の追加や変更の可能性があります。
 7.応募資格
1) 博士の学位を有する方
2) 近年の教育・研究活動に顕著な業績を有し,学部及び大学院教育の担当者として相応しい方(詳細については選考委員長までお問い合わせ下さい)
3) 学科運営に関する業務の遂行に積極的に関わることのできる方
4) 日本技術者教育認定機構(JABEE)によって認定された「環境修復プログラム」の担当教員として相応しい方
5) 教育に対する熱意を持ち,高い倫理観を有する方
6) 本学の建学の理念を理解し,組織運営に積極的に取り組むことのできる方
 8.応募書類 (A4版)
1) 履歴書(本学所定様式3)及び個人調書(本学所定様式1)
2) 業績目録書(本学所定様式2)
3) 最近5年間の著書・論文の別刷りまたはコピー
4) これまでの教育・研究の概要及び着任後の抱負2,000字程度
5) 2名からの推薦書と推薦者の連絡先
6) 選考過程で候補者の面接,プレゼンテーションなどを予定しているので,応募者本人の連絡先(住所,Tel,Fax,E-mailなど)を必ず明記して下さい。
※本学所定様式については、こちらからダウンロードして入手をお願いします。
http://www.kitasato-u.ac.jp/vmas/wanted/koubofile.html
 9.応募締切: 2018年11月30日(金)必着
10.応募書類の郵送先
〒034‐8628 青森県十和田市東二十三番町35-1 北里大学獣医学部 事務長
(封筒の表に「水域環境学系教授応募書類在中」と朱書きし,簡易書留で郵送して下さい)
11.問い合わせ先
生物環境科学科 教授 田中 勝千
(水域環境学系教授候補者選考委員会委員長)
TEL 0176 - 23 - 4371(代)    E-mail : yuki(@アットマーク)vmas.kitasato-u.ac.jp
12.選考方法
書類選考後,選考最終段階で候補者の面接,プレゼンテーションなどを予定しています。
なお,本教員選考においては,真に優秀な人材を採用すべく,公正な選考を行います。
13.採否の連絡
応募者に対して個別に連絡します。
14.その他
1) 応募書類は返却しませんので予めご了承ください。記載情報は本目的以外に使用しません。
2) 生物環境科学科では,土壌環境学系,水域環境学系,植物生態学系,動物生態学系及び環境情報学系の5系8研究室体制で教育研究を分担しています。2018年10月1日現在,学科には定員14名の教員が所属しています。水域環境学系は水圏環境学(教授1(2019年3月末退職),講師1名(45歳))と陸水循環学(講師1名(48歳))の2研究室から構成されており,現在,修士課程(生物環境科学専攻)所属の大学院生2名と博士後期課程(生物環境修復学)所属の大学院生1名が在籍しています。

以上